バイク王 カーメイトの跨り型の特定小型原付「e-FREE 01」の正規代理店に

バイク王&カンパニーは、2024年1月26日より株式会社カーメイトが開発した特例特定小型原動機付自転車「e-FREE 01」の販売を正規代理店として開始します。

e-FREE 01は、電動モビリティの新たな形態として注目されており、折り畳み可能なハンドルにより車のトランクに収納可能、最大5kgまでの重荷物も運べるバスケットを装備しています。取り外し可能なバッテリーは盗難防止のロック機能も備え、安心して使用できます。

e-FREE 01登場の背景として、2023年7月1日の道路交通法改正により特定小型原付が新設され、16歳以上であれば免許不要で乗車可能になったことがあります。この改正により特定小型原付の普及が期待されており、バイク王&カンパニーも電動モビリティ普及に力を入れています。2022年12月には電動モビリティ普及推進室を設立し、続けて2023年1月にはe-bike UENOをオープンしました。

電動モビリティはカーボンニュートラルへの貢献が期待されており、二輪や四輪業界でも電動化が進んでいます。新しい乗り物カテゴリーへの不安を解消するため、実際に体験できる場を提供することを目的としており、e-FREE 01はバイク王世田谷本店、バイク王GLOBO蘇我店、e-bike UENOの店舗限定で販売されます。

サイズは全長は1,250mm、全幅570mm、全高1,020mm。車両の重量はバッテリーを装着した状態で22kg。タイヤサイズは14インチで、駆動方式は後輪インホイールモーターを採用。バッテリーにはリチウムイオン電池を使用し、これにより走行可能距離は満充電時で平地を「MODE3」で走行した場合、想定積載量70kgで約30kmとなっています。

カラーバリエーションにはサテンブラック、グレージュ、コーラルブルー。価格は162,800円(税込)です。

関連リンク

e-FREE販売サイト【バイク王】 (8190.jp)

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img