トマジーニ グラベルロードタイプのEバイク「E-Art」登場 ハンドメイドフレームを採用したEバイク【海外Eバイクニュース】

イタリアの著名な自転車メーカーであるトマジーニは、同社初のハンドメイドEバイク「Tommasini E-Art」を公式サイトで公開しています。

トマジーニはステンレスやコロンバス製スチールなどを溶接して作られたロードバイクが主に有名な自転車ブランド。海外で登場したE-Artはドロップハンドルを採用したグラベルタイプで、都市部での移動から週末の小旅行、自転車ツアー、荷物を積んでの旅行まで、多彩なユースケースに対応するように設計されています。

モーターはイタリアブランドのポリーニE-P3で、定格出力250W、最大出力500Wを発生。充電池の寿命は250kmと、高い評価を得ていると謳っています。

Tommasini E-Artのフレームには、Dedacciai社のアルミニウムチューブで作られ、カスタムバッジで仕上げられています。

E-Artは、ダブルチェーンリング仕様のShimano Ultegra Disc 11spdと、シングルチェーンリング仕様のSRAM Force Disc 11spdの2種類のセッティングを用意しています。また、顧客はE-Artバイクのサイズやカラーをカスタマイズすることができ、好みのEバイクを作ることが可能です。

E-Artの日本導入は不明です。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img