KGモーターズ、ミニマムモビリティを東京オートサロン2023にて発表 モニター募集開始

KGモータースは1月13日、東京オートサロン2023でコンセプトモデル「ミニマムモビリティ」を発表しました。また、2025年の発売予定に先駆け、モニターリースの募集を開始しています。

ミニマムモビリティのコンセプトは、センターポジションの座席により、楽しくユニークなドライビング体験を提供することを目指した小型電気自動車。1980年代のポラロイドカメラをモチーフにしたレトロなデザインは、近未来を感じさせるシンメトリーなフロントとリアのデザインを実現しています。

また、コンパクトなサイズでありながら、高い効率性とコストパフォーマンスを実現しており、「楽しさ」「手軽さ」「エコ」を両立した次世代の “ちょい乗り “モビリティとして最適なモデルとなっています。

環境にやさしいだけでなく、KGモーターズのミニマムモビリティは、所有コストの低さも大きな魅力のひとつと謳っています。第一種原動機付自転車(軽自動車)に分類され、車検が不要で、税金や保険も原付と同等です。また、家庭用100Vコンセントで充電が可能なため、専用の充電設備が不要となります。充電時間は5時間で100kmの航続距離を計画しています。短距離の移動で済むユーザーを対象としており、コストメリットによる普及を目指します。

車両寸法は、全長2,450mm、全幅1,090mm、全高1,500mm。公称出力は0.59kW、最大出力は5kWです。航続距離は100kmで、AC100Vで5時間の充電が可能。1人乗り。販売価格は100万円以下を目指しています。

正式な発売は2025年を予定していますが、2024年には実証実験としてモニター車のリースプログラムも実施する予定。モニターユーザーの声を集め、デザインの改善や使い勝手の向上を図る予定です。プログラムの募集枠は100名で、リース料金は月額10,000円(税込)。2ヶ月間、合計20,000円(税込)を予定しています。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img