SUVスタイルの軽スーパーハイトワゴン「三菱・デリカミニ」予約受付開始 デリカのイメージを受け付いた軽自動車

三菱自動車工業株式会社は1月13日、2023年5月に発売予定の新型軽スーパーハイトワゴン「デリカミニ」の予約受付を開始することを発表しました。

新型「デリカミニ」は、”Reliable & Active Super Height Wagon “をコンセプトとした「デリカ」シリーズの新型車。大径タイヤを装着した力強いデザインとSUVらしいスタイリング、アウトドアから日常まで幅広く使える広くて快適な室内空間、走りをサポートする走行性能と安全装備などを備えています。

エクステリアデザインは、力強く立体的な「ダイナミックシールド」デザインを採用し、特徴的な半円形のLEDポジションランプをヘッドライトに一体化させ、フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには、立体的な「Delica」ロゴを採用。また、光沢のあるブラックのホイールアーチとスキッドプレート状のプロテクターをフロントバンパー下部とリアバンパーに採用し、デリカシリーズをイメージしたSUV風のデザインを実現しました。


カラーリングは、アウトドアから都市部まで様々なシーンに対応する、クルマのコンセプトに合わせて開発された新色「アッシュグリーンメタリック」を設定。カラーラインナップは2トーン6色、モノトーン6色など12種類のカラーバリエーションの中から選択可能です。

インテリアは、黒を基調とした水平基調のラインにより、機能的で快適な空間を演出。インストルメントパネルは、アイボリーをアクセントカラーとし、アクティブで明るい印象に仕上げており、シートは、アウトドアや小さな子供がいる家庭でも使いやすいよう、通気性に優れた防水素材を採用しました。また、シートには立体的なエンボス加工を施し、蒸れにくく、快適な座り心地を実現しています。

リアシートのスライド量は320mmで、フロントシートを後ろに倒しても十分な足元スペースを確保できます。また、シートは個別にスライドやリクライニングが可能で、乗車人数や荷物の量に応じた多彩なアレンジが可能。ラゲッジルームには、掃除のしやすい素材板と後席背もたれを採用し、アウトドア用品の汚れを簡単に拭き取ることができ、室内の汚れを気にすることなく積み込みが可能です。

運転支援システムに関しては、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を搭載。レーダークルーズコントロールシステムにより、アクセルペダルから足を離していても車間距離の保持をアシスト、また車線維持支援機能によるステアリング制御で、車線中央付近を走る手助けします。他にも、サ衝突被害軽減ブレーキ[FCM]や踏み間違い衝突防止アシスト[EAPM]など8つの先進安全装備「三菱 e-Assist」を搭載しています。

そして、4輪駆動モデルには、165/60R15サイズの大径タイヤの採用とショックアブソーバーの専用チューニングを採用することで、路面をしっかりと捉えながら車内には振動を伝えにくい設定とし、砂利道などの未舗装路を走行する際の安定性と快適性を高めたと謳っています。

アウトドアから日常まで安心してドライブを楽しめるよう、滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロールを標準装備。雪道やぬかるんだ路面で片側の駆動輪が空転した場合、スリップした駆動輪をブレーキ制御。グリップしている駆動輪の駆動力を確保することで発進をサポートします。
急な下り坂や滑りやすい路面を下る際、電子制御により低車速に抑えて安心して走行することができるヒルディセントコントロールを標準装備しました。

車両本体のメーカー希望小売価格(予定)は約180万円から約225万円(税込)となります。

関連記事

関連記事

新着記事

spot_img