スウェーデンの2輪EVブランド「CAKE」のEバイク「オイク」登場 沢山の荷物を積むことができるカーゴバイク

スウェーデンのプレミアム軽量電動バイクメーカー「CAKE」は1月5日、Eバイク「Åik(オイク)」を発表しました。

出典:ridecake.com、以下同

CAKEは、スウェーデンの軽量電動バイクとモペットのメーカー。ゼロ・エミッション社会の実現に向けて、ワクワク感と責任感をもって行動することを使命としており、多用途オフローダー「Kalk」、モジュール式多用途バイク「Ösa」、アーバンコミューター「Makka」の3つのプラットフォームからなるモデルラインナップを展開。2020年と2021年の両方でFast Companyによって世界で最も革新的な企業のひとつに挙げられ、2021年にはタイム誌の最も重要な発明品100を受賞していると謳っています。

CAKEの名前はすべて、ゴットランド島に由来しています。オイクは、現地の古代語「Gutniska」に由来し、「大きくて重い荷物」を意味します。これは、重い荷物を引っ張り、収納し、運ぶためのÅikの何百ものユーティリティの組み合わせに言及しています。

オイクは、二輪車での移動を生業とする社会人、あるいは個人の厳しいライフスタイルの要求に応えるユーティリティEバイク。最大224マイル(360キロ)の航続距離とパワー、200kgの車両総重量という性能を持ったEバイクです。モジュール式のアルミフレームを中心に設計されている車体は、ラック、バッグ、トレーラー、バスケット、パッセンジャーシートなど、用途に応じた装備を装着することができます。

モーターは最大トルク100Nmを発生させるミッドドライブモーターを搭載。変速機はエンビオーロ・エクストリーム リアハブ(オートマチックインターフェース)で、自動変速仕様の無段変速を採用。

バッテリー51.8V、14.5Ah 、容量750Whで、簡単に並列接続でき、1個、2個、3個から選択できます。3つのバッテリーを使用することで、航続距離は最大360km、バッテリー容量は2250Wを実現。バッテリーはパワーバンクとしても機能し、ライダーは外出先でもバッテリーから直接電子機器に電源を供給することができます。

CAKEの創業者兼CEOであるステファン・イッターボーン氏は「オイクがワークシリーズのラインアップに加わることで、移動手段を必要とするあらゆる企業に対して電動二輪車のソリューションを提供することができるようになりました」と述べています。さらに、「街中での最速の配達から、奥地での監視業務まで、職人のニーズに合わせて最適化された製品群です」と述べています。

CAKE オイクの価格は6470ドル(日本円で約85万4000円)から。日本での発売は不明です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img