リモートワーク向けトラック 三菱ふそうからコンセプト車両「NOMADPro CANTER」を公開

三菱ふそうトラック・バスは12月6日、小型トラック「キャンター」をリモートオフィスとして使えるように改造したコンセプト車両「NOMADPro CANTER」を公開しました。

「NOMADPro CANTER」は、移動式の快適な仕事場を提供することで、リモートワークの新しい生活様式を提供することを目的としたコンセントカー。「キャンター」の2輪駆動のモデルをベース車両に、リモートワークを車内で快適に行える設備を備えています。

車内には、可動式で簡単に収納できるテーブルとベンチが設置され、2名が働けるワークステーションがあります。また、車内には可動式のベッド、キッチン、洗面台、シャワールームが装備されており、仕事を終えた後にも車内で休憩や寝泊りが可能。

他のキャンピングカーと大きく違うのは、車両の右側のウィングをフルオープンにすることが可能。これにより、開放感を感じることができます。

「NOMADPro CANTER」は、2023年にFUSO公式デジタルチャンネルでの掲載や自動車展示会での展示、関東エリアでのロードツアーなどが予定されています。「NOMADPro CANTER」は、三菱ふそうトラック・バスが、株式会社パブコと株式会社Dream Driveとの共同製作によって製作されたコンセプト車両であり、一般発売や受注の予定はありません。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img