「自転車ヘルメット着用、23年から義務化」で注目される帽子タイプヘルメット

日本では2023年4月1日からすべての自転車ユーザーにヘルメットの着用努力義務を課す発表。これにより、国内でトップシェアを持つ日本の自転車用ヘルメットブランド「オージーケーカブト」のWebサイトのトラフィックが急増しています。

人気モデルには、2022年10月に発表され、12月から本格販売を開始した「LIBERO」、帽子スタイルの「SICURE」、アウトドアスタイルの「DAYS」などがあります。

「LIBERO」は、キャップ式ヘルメットカバー付き自転車の安全基準(SG基準)に適合した軽量のインモールド成形ヘルメットです。キャップは5枚パネルスタイルを特徴とし、バイザーの端のパイピングやアイレットなど細部にまでこだわってデザインし、より自然なキャップルックに仕上げました。

日本の警察庁によると、2017年から2021年にかけて自転車事故で死亡した2145人のうち、約1237人(60%)が致命的な頭部外傷を負いました。負傷者の死亡者の割合を表す「致死率」は、ヘルメット着用者で0.26%、非着用者で0.59%と約2.2倍でした。

価格はLIBEROが9680円(税込、以下同)、SICUREが9480円、DAYSが9020円です。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img