トーキョーバイク、20周年感謝イベント「TOKYOBIKE FES」を10月10日に隅田公園で開催

トーキョーバイクは9月20日、「TOKYOBIKE FES – Time to cheers! – おかげさまで二十歳になりました」を隅田公園で2022年10月10日(月・スポーツの日)に開催すると発表した。

今回のイベントは、トーキョーバイク発売から20年を記念し、トーキョーバイクを使用している人や、縁のある全ての人に感謝の気持ちを伝える場として企画し、トーキョーバイクで働くスタッフが、日頃から通うお店や交流のあるアーティストを招くイベント。

トーキョーバイクは2002年に製品を発売して以降、”街を楽しむ”をコンセプトに、日常にささやかな変化を加えるためのツールとしての自転車を提供。幅広い層のお客様へ向けて自転車のラインアップを増やすと同時に、様々なブランドとのコラボレーションや直営店でのイベントを通じて、暮らしや街の楽しみ方を発信し続けてきた。今回、20周年の節目を迎えたことを記念し、今までのつながりの中から招待したブランドやアーティストと共に、トーキョーバイクに縁がある全ての人に感謝の気持ちを込めて、ブランド初となる大型野外イベントを実施する。

会場は東京都墨田区にある隅田公園そよ風ひろばで実施予定で、谷中の路地裏にある街のジェラート屋「asatte」、高円寺のオリジナリティ溢れるスパイスカレー屋「妄想インドカレー ネグラ」、清澄白河のクラフトビール醸造所「Folkways Brewing」など、日頃からトーキョーバイクスタッフの通うお店を中心とした9店舗が集合。また、履き心地にこだわったスニーカー「MOONSTAR」、自社工場で糸からカットソーを作る「IITO」、店舗を持たない花屋 trorf & BROWNSEA FLOWER SHOPによる特別ユニット「trow she」などの物販店舗も並ぶ。

トーキョーバイクは直営店舗では、自転車店でありながらアーティストを招いた音楽ライブ企画を実施しており、今回のイベントでは過去に直営店でライブを開催した「COINN」「CHUB DU」「仰木亮彦」に加え、「LOOP POOL」の4組の音楽ライブを開催。また、こころの動きをからだの動きで描くパントマイムお兄さん「金子しんぺい」によるパントマイムステージも実施する。

また、「サントリー 角ハイボール」や「JR SKI SKI」、「大河ドラマ 平清盛」などの撮影を手がけた鈴木心が主宰する鈴木心写真館が今回のイベントで出張写真館も開催。

他にも、トーキョーバイクに乗ってベーカリーを巡るガイドツアー「パンライド」や、トーキョーバイクの代表「きんちゃん」こと金井一郎が、街やデザインについて今話してみたい人と対談する20周年特別企画トークショー「TALKIN’トーきん!〜きんちゃんとあのひとのおしゃべり」、トーキョーバイク直営店のメカニックスタッフが自転車を簡易診断するクリニックブース「トーキョーバイククリニック」、お買い物とSNS投稿でチャレンジできる、ハズレなしの「ドキドキルーレット」、TOKYOBIKE FES ロゴを自由にプリントするシルクスクリーン体験、幼児用キックバイク試乗を実施する。

開催日時は2022年10月10日(月・スポーツの日) 11時から19時。開催場所は隅田公園そよ風ひろば(東京都墨田区向島1丁目3)。参加入場料は無料 (どなたでも参加可)。主催は株式会社トーキョーバイク。後援墨田区。野外開催のため小雨決行、荒天中止。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img