大迫力のオートバイ風E-Bike 「Ruff Cycles BIGGER」 26インチタイヤを採用したクルーザーE-Bike

ドイツ「Ruff Cycles」はクルーザータイプの自転車やE-Bikeを製造している自転車ブランド。オートバイ風E-Bikeの多くは、街乗り向けのインホイールモーターを搭載しているのに対し、Ruff Cyclesは、ドイツ「Bosch」製のミッドドライブユニットを搭載しているのが特徴だ。上位モデルではTREK Railシリーズなど有名ブランドのE-MTBにも使われている「Performance Line CX」を搭載しており、他社とは違う拘りを持っている。

日本国内ではクラシックなミニバイクスタイルの「Lil’Buddy」と、クラシックなアメリカンバイクの「The Ruffian」を展開しているが、海外では、26インチを採用したミニバイクスタイルの「BIGGER」を用意している。

BIGGERは、近年流行しているミニバイク風のE-Bike。他の同ジャンルのE-Bikeと違うのは、ホイールサイズを26インチにしている事。通常のミニバイク風E-Bikeは20インチの小径ホイールを採用しているが、BIGGERは26インチと、このジャンルのE-Bikeでは非常に大きいホイールを採用。さらにタイヤ幅は3インチにすることで、他車とは違う大迫力のデザインを実現した。

ハンドルもBMX風ハンドルを装備。適応身長は175センチ以上となっている。

 

ドライブユニットはBosch Active Line(定格出力250W、最大トルク40Nm)+300Whバッテリーか、Bosch Performance Line CX(定格出力250W、最大トルク85Nm)+500Whバッテリーの組み合わせを用意。

価格は3799ユーロ(53万2000円)から。日本国内での販売は不明だが、日本国内では代理店の「Ruff Cycles Japan」が公式Webサイトで販売を予告している。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img