「自転車」にもKeePerコーティング 自転車業界初 全国25店舗のトレック直営店でコーティングを販売開始

KeePer技研は6月23日、同社が提供している「KeePerコーティング」が、2022年6月17日(金)より、トレック・ジャパンの全国25店舗のトレック直営店にて販売されると発表した。

KeePer技研はカーコーティング、洗車用ケミカルと機器等の開発、製造、販売の他、ガソリンスタンド併設型の「KeePer PRO SHOP (キーパープロショップ) 」と、屋内施工設備完備の専門店「KeePer LABO (キーパーラボ) 」の2種類の店舗展開を全国で実施している。

「自転車にコーティングをする」新しい付加価値のサービスとして「トレックEXキーパー」「ECOプラスダイヤモンドキーパー」「ダイヤモンドキーパーfor Bicycle」がトレック直営店にて販売される。

キーパーコーティングは強いはっ水力で泥・油汚れをはじめ大抵の汚れを弾き、汚れづらくなるのに加え、汚れ落ちの向上や塗装の表面の凹凸を厚みのあるガラス被膜(普通のガラスコーティング膜の数十倍)で凹凸を埋めて塗装表面を平滑化する、紫外線から塗装を守り、長期間ツヤを保つのを売りにしているとのこと。

コーティングメニューは、カーコーティングで培ったノウハウを活かし、自転車に適したコーティングを開発しダイヤモンドキーパー for Bicycleが5000円、汚れの密着を防ぐ独特な防汚能力を謳うECO+ダイヤモンドキーパーが1万円、ベールを纏ったような、深い透明感を提供するのを謳うトレックEXキーパーが2万円。耐久年数は何れも3年間となる。

関連リンク

Keeper技研 http://www.keepercoating.jp/corp/

関連記事

新着記事

spot_img