MVアグスタ E-Bikeを購入するとイタリアのサイクリングツアーが当たるキャンペーンを実施(海外E-Bikeニュース)

MVアグスタは2022年5月20日、ヨーロッパのすべての店舗でMVアグスタのE-Bikeを購入すると、ランゲ・モンフェッラート・ロエロへの2人旅が当たるツアーを発表した。

MVアグスタは、現在、環境に配慮したアーバンモビリティの分野に挑戦し、E-Bike「AMOシリーズ」と、電動キックボード「RAPIDO SERIE ORO」を展開している。今回、イタリアの旅行代理店「Ente Turismo Langhe Monferrato Roero」とのコラボレーションで、抽選で3名にランゲ・モンフェッラート・ロエロでBuonVivereを発見する週末をペアチケットをプレゼントする。日本国内では、関係ない内容だが紹介しよう。


エコ・サステイナブル・モビリティとワイン&フード・ツーリズムが出会うとき。ミラノのMVアグスタ旗艦店で行われたプレゼンテーションでは、歴史あるバイクブランドのe-モビリティ部門とEnte Turismo Langhe Monferrato Roeroが、共同で国際的なコラボレーションを行うことを発表し、この話題を提供しました。

MVアグスタとエンテツーリスモLMRのパートナーシップを支えるのは、2022年5月1日から8月31日までの間、イタリアまたはヨーロッパでMVアグスタのe-bikeを購入した方に、9月末にランゲ・モンフェラート・ロエロでBuonVivereを発見するための3週間の週末(2名分)が当たる国際コンテスト「Routes of BuonVivere」を開始することでした。

コンテストへの参加資格は、店頭またはオンラインでMVアグスタのe-bikeを購入し、e-bike.visitlmr.itのウェブサイトに登録して、コンテスト専用ページに詳細情報と購入証明書を入力することだけです。

受賞者は、現在一般に公開されている、e-bikeでの走行を想定した4つの旅程に参加することができます。旅程の地図とトラックは、www.visitlmr.it のウェブサイトからGPX形式でダウンロードすることができ、単独で楽しむことができます。

MVアグスタの持続可能なモビリティへのコミットメント

MVアグスタの技術力のみならず、メイド・イン・イタリーのバイクブランドを代替モビリティの分野にも拡大するために作られたe-mobilityプロジェクトは、エコ・サステナビリティに対するMVアグスタの取り組みを体現しています。MVアグスタのe-モビリティには、アグレッシブな外観のキックスクーターや、レジャーやサイクリング観光を目的としたe-bikeのコレクションが含まれています。

「ランゲ・モンフェッラート・ロエロとのパートナーシップを特に誇りに思っています。なぜなら、彼らの質の高い観光の伝統と私たちのソフトで代替的なモビリティプロジェクトには多くの類似点があるからです」と、MVアグスタグループのEMVのCEO、Ratmir Sardarovはコメントしています。MVアグスタのe-モビリティ部門であるEMVのCEO、Ratmir Sardarovは、「今後数ヶ月間にわたる両者の共同作業は、観光振興と持続可能性の分野における我々の提案の位置づけとの間に革新的な相乗効果を生み出す能力に根ざしています」と述べています。

MVアグスタといえばデザインとテクノロジーというイメージを持つようになった、増え続ける「ライダー」のニーズに応えるため、サイクリング業界では今後数ヶ月の間にさらなる進化を遂げる予定です。

ランゲ・モンフェッラート・ロエロにおける4つの新しいE-BIKEルート

Ente Turismo LMRは、ランガ・デル・バローロとアルタ・ランガを横断する、交通量の少ないアスファルト道路を利用した4つの特別設計ルートを研究しました。地図、 www.visitlmr.it からダウンロードできるgpxトラック、ルートの相互接続、充電ステーションサインと観光ポイントによって、単独で走行することが可能です。2つの旅程は、ワインの名産地であるランガ・デル・バローロに特化しており、ワイナリーやワインショップが立ち並ぶグルメスポット、夏場の明るい緑から秋の暖かい黄色や赤の色合いに変わる息を飲むような丘陵の風景を楽しむことができます。他の2つのルートは、牧草地、森、ヘーゼルナッツの木立が広がるアルタ・ランガを舞台に、小さな石造りの村がPDOチーズなどの宝物を発見し、味わうために存在しています。

「ランゲ・モンフェッラート・ロエロ観光局社長のマリアーノ・ラビーノは、「MVアグスタと、イタリア国内および世界的に知られるイタリアの優れた2つのブランドとの間で、名誉あるパートナーシップが結ばれました。「このコラボレーションにより、ランゲ・モンフェッラート・ロエーロは、スポーツやアウトドア愛好家にとって理想的な観光地として、トップレベルの地位を確立することができました。4つの新しいe-bikeルートは、今後ますます人気が高まるであろう新しい商品への道を開くものです。”

ランゲ・モンフェッラート・ロエーロは、まさに「BuonVivereの故郷」です。ピエモンテの一角では、アクティブなアウトドアツーリズムが、刺激的な場所、本物の味や香りを発見するためのルートで風景を十分に楽しむためのグリーンな選択肢として人気を高めてきました。

イタリアで生まれたサイクルツーリズム

電動モビリティに特化したユニークな車両を所有する高級住宅地と、美しい風景と伝統的な食材に囲まれながらチャレンジできる世界遺産の丘陵地帯という、本物の感動を提供する2つの優れた要素から生まれたプロジェクトです。

このE-bikeは、ミニマリストの美学と格好いい直線的なフレーム、そして静音性を備えています。AMO Rは、Mahle X35モーター、SRAM Levelブレーキ、アルミホイールにPirelli Cycl-e DT Sportタイヤを装着し、優れた転がり性能と路面追従性を実現しています。

なだらかな丘陵、ユネスコの景観、交通量の少ない道路。ランゲ・モンフェッラート・ロエロ地区は、サイクリング体験のための理想的な組み合わせです。ランガ・デル・バローロとアルタ・ランガを結ぶe-bikeルートでは、地図、ダウンロードできるGPX、ルート間の分岐点、充電ステーションやスローライフを楽しむための観光スポットの表示など、さらに簡単に楽しむことができるようになっています。

バローロ・ロッソ

バローロ・ロッソは、ワインのすべての色を発見するための約53kmの周遊コースです。スタート地点は百塔のあるアルバで、しばらく走ると丘陵地帯に入る。ロッディからランガに登り、村から村へ、息を呑むような景色が広がる道を進みます。ブドウ畑の中にそびえる城、ブドウ畑の中にある小さな教会、ユネスコ世界遺産のビューポイントなど、見どころが満載です。Diano d’Albaでリングが閉じられ、Albaに戻るルートです。このルートは、ノヴェッロからカスティリオーネ・ファレットに至る、同じく周遊型のバローロ・ヴィオラツアーと短い距離で重なっています。

バローロ・ヴィオラ

バローロ・ヴィオラは、最高品質の赤ワインのニュアンスのように、ランガ・デル・ヴィーノとアルタ・ランガを通る約44kmのルートで、バローロ・ロッソと共有する区間のおかげで周遊ルートとなる。パノラマバルコニーのあるノヴェッロを起点に、宝石のように美しいランガの村々、野外コンサートが楽しめるホール、孤立した邸宅の間を抜ける交通量の少ない道など、さまざまな場所を走破します。ルートは最初の監視塔を見ることができる高地まで続き、ブドウ畑の中をカスティリオーネ・ファレットまで戻ってきます。Albaretto della TorreでAlta Langa Verdeルートとの分岐があります。

アルタ・ランガ・バーデ

通り抜ける森のような緑。約48kmのこのルートでは、アルタ・ランガを発見することができます。私たちはヘーゼルナッツの産地、トンダ・ジェンティーレ・ディ・ランガにいます。この品種は、この地のすべてのメニューの女王です。ヘーゼルナッツの木立が続き、交通量の少ない道路は小さな村々へと続き、古代と現代が融合した珠玉の建築が並び、リグーリア州近くから海の空気が漂ってくるような場所です。自分自身の再生のために、強烈な体験を。LeviceではAlta Langa Biancoルートに変更でき、BosiaではPavese hillsの出発点であるCossano Belboに向かうことができます。

アルタ・ランガ・ビアンコ

この丘で作られるチーズのような白さ。約48kmのこのルートは、最も深いアルタ・ランガへと誘う。森や牧草地、息を呑むような絶景の中、村から村へ、何世紀も前の礼拝堂や丘の上に佇む城、思いがけない小さな宝石のような場所を走り抜けるのです。レヴィーチェではアルタ・ランガ・ヴェルデに、モンバカルロからはパロルドに至り、ここからラベンダー畑や山を見下ろす丘を抜けてランガ・セバーナへと続くルートです。

関連リンク

関連記事

MVアグスタ 新型E-Bikeを発表 スーパーベローチェをインスパイヤしたモデルも用意

関連記事

新着記事

spot_img