未来型折りたたみヘルメット「Newton-Rider」GREEN FUNDINGで日本上陸

Newton-Riderは4月2日、未来型折りたたみヘルメット“N1”を「GREEN FUNDING」にてクラウドファンディングを開始すると発表した

 

Newton-Riderは、サイクリストでもあるデンマーク出身のウルレック ジェンセンは、20年間も変わらないヘルメットに疑問を持ち、バイオテクノロジーとナノテクノロジー専門のドイツ出身のダニエル・ビュンガー、そして工業デザインで活躍するニュージーランド出身のウィル・マーシャルの3名でヘルメットを設計した。

衝撃保護技術は衝撃エネルギーを吸収および放散し、その後、複数の衝撃保護を再利用するために再び自己組織化するための超分子コアを備えた3層のパッドで形成されている。また、厚さはわずか16ミリと平均的なEPSヘルメットより約40パーセントも薄いのを売りにしている。

そして、一番の特徴が折りたためるデザイン。独自の特許取得済みの折りたたみデザインを採用し、ヘルメットの両端を握るだけで折りたためるようになっている。

クラウドファンディング開始(予定)は、2022年4月2日(土)。発送開始(予定)は、2022年7月頃。クラウドファンディング特別価格は1万3875円(税込)から。メーカー希望小売価格は1万8500円(税込)。

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事