JOeB ULF(ウルトラライトアルミフレーム)テクノロジーを採用したロードバイクフレームを発表

E-Bikeや電動オートバイ開発・製造会社のJOeBは3月10日、ULF(ウルトラライトアルミフレーム)テクノロジーを採用したロードバイクフレームを発表した。

出典:https://joeb.jp/、以下同

JOeBは、日本国内で電動アシスト自転車、電動モーターサイクル専門の製造を行う会社。2021年10月に、電動アシスト自転車及び電動モーターサイクルのOEM/ODM専門工場建設のため、鹿児島銀行、沖縄振興開発金融公庫より資金調達を実施し、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社をファイナンシャルアドバイザーとして起用。同年11月には、静岡県藤枝市に技術開発本部を先行設置。2022年2月21日には鹿児島ディベロップメントへの第三者割当増資を実施した。

ULF(ウルトラライトアルミフレーム)テクノロジーは、ジェット機、F1、MotoGPエンジニアからなるエンジニアリングチームがロードレーサーのフレーム構造を全面的に見直し、軽量性と走行性能を最大限に高めた、新しいアルミフレーム構造を提案するために製作したとのこと。

リリースでは「MotoGPから着想を得た独自スペックの日本製アルミニウムの特性を活かし、トップチューブからシートステー、ダウンチューブからチェーンステーのパイプ剛性を連続的に変化させることで、フレーム全体のしなりを活用した高いエネルギー効率とトラクションを実現します」と謳っている。

また、応力集中部となる溶接部が無いため、フレームの強度ばらつきが低減され、さらなる軽量化に対して高レベルの強度信頼性を確保することができるとのこと。ULF(ウルトラライトアルミフレーム)のロードバイクの発売は不明だ。

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事