スペシャライズド、クロスカントリー・ショートトラック世界選手権(XCC)優勝記念S-Works Epic限定フレームセットを抽選販売

スペシャライズドは1月14日、2021年クロスカントリー・ショートトラック世界選手権(XCC)優勝記念として、レインボーカラーのS-Works Epic限定フレームセットを全世界50セットのみ発売すると発表した。

Epicの特徴は、フォークとリアショックに搭載されるBrainテクノロジーは、スプリントや長い登りなどでは無駄に動かず、路面が荒れ出すとスムーズに動いて衝撃を吸収し、ペダリングによる入力と路面からの衝撃を区別できる機能。サスペンション機構を固定させるロックアウトレバーを操作する必要が無いのを売りにしている。2020年に発表されたこのEpicのためにフレームと共に設計を見直した「BRAIN」のデザインは、新たなレース仕様のペダリングプラットフォームを採用しているとのことだ。

今回の限定モデルは、ジーナ・フライ(スイス)とクリストファー・ブレヴィンズ(アメリカ)の両選手が2021年クロスカントリー・ショートトラック世界選手権(XCC)の初優勝を記念したフレーム。両選手は、2022シーズンのXCCで駆るフレームのレプリカとなり、全世界で50セット限定となる。日本ではMサイズ1台のみ抽選販売される。

グラフィックを担当したシニア・コンセプト・グラフィックデザイナーTom Briggs氏は「勝利の瞬間に向けたゴールスプリントで、ライダーは意識が朦朧とし視界がぼやけるほどすべての力を振り絞り、ペダルを踏み込みます。ダウンチューブとトップチューブのレインボーカラーのフェード加工は、その霞んだ視界を表しています。花崗岩のようなベースカラーは、思考や感情、トレーニング、そのライダーの人生のすべてがワールドチャンピオンになるという栄光の一瞬のために渦巻いている様子を表現しています。」とリリースで語っている。

抽選販売受付期間は1月14日(金)午前10時~1月31日(月)午前10時。

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事