E-MTBでアドベンチャーレースを楽しむ「オールラウンドe-MTBレース」イタリアでの開催が発表

イタリア共和国の北西部に位置する州「ヴァッレ・ダオスタ」で行われる予定のアドベンチャータイプのE-MTBレース「オールラウンドe-MTBレース」の第一回大会が2022年7月5日から9日にかけて開催されると発表された。

ヴァッレ・ダオスタ州は、アルプス山中に位置し、モンブランやマッターホルン、モンテ・ローザといった高峰が連なり、古くからアルプス越えの要衝であることで知られている。

第1回大会では、コグネ、グレッソニー、アンテイ、ヴァルペリーネでキャンプを張り、ヴァッレ・ダオスタの新しいシングルトレイルに挑戦する。オールラウンドキャンプは各ステージに移動し、各日の表彰式に特別な雰囲気を提供する。

イタリアで最も壮大な山岳地帯に、今話題のアウトドアスポーツを加え、ユニークな体験を求める200人を募集する-これが、7月5日から9日にかけてヴァッレ・ダオスタで開催される電動マウンテンバイク・オーナーのためのステージ制レース「オールラウンドeMTB」の成功の秘訣と語っている。

この革新的な新しいコンペティションは、成長著しいE-MTBムーブメントをブランド化し、素晴らしいヴァッレ・ダオスタを反時計回りの旅程で発見する機会として開催されるもの。

オールラウンドeMTBは、合計200キロ、標高差8000メートルの4つのステージで構成されている。グラン・パラディーゾ山の陰にあるコグネをスタート・ゴールとする。4日間のレースに不安があるライダーには、最後の2ステージ、100キロ、標高差4000メートルのショートコースが用意されている。

オールラウンドeMTBのルカ・サンティーニ氏は、「アフリカの大規模なレイドにおける我々のロジスティックの経験から、eバイカー・コミュニティが部族として数日間を共に過ごし、競争意識、自然、素晴らしい社会性を楽しむことができるイベントを考え始めた」とコメントしている。

「ディスカバー・ヴァレ・ダオスタ」ルート

オールラウンドeMTB2022は、時間制限のあるルートと乗り換え区間が交互に現れる、混合形式をとっている。大会はコグネからスタートし、フォルテ・ディ・バルドを制覇するための第1ステージのゴール地点までのレースが行われます。その後、機械化された移動区間でグレッソニー・ラ・トリニテに到着。モンテ・ローザの麓で一夜を過ごした後、マッターホルンを望むアンテイ・サンタンドレをゴールとするヴァル・ダイヤス経由の第2ステージに突入する。

翌日の第3ステージは、最も過酷でワイルドなステージで、サン・バルテルミー渓谷を経てヴァルペリーネに至り、最終日の第4ステージは、歴史あるアオスタの市街地を抜け、ロープウェイでピラまで移動。そして、ピラ・バイクパークで行われる特設トライアルが待っている。タイムトライアルを終えた選手たちは、アドレナリン全開のダウンヒルで、大会の最終ゴールであるコグネを目指す。

きめ細かな組織

参加者はレース中、非常に細かいロジスティクスに囲まれている。各ステージの中間地点には休憩時間が設けられ、集中力を高めるとともに、何よりも大切なバイクのバッテリーを充電することが可能。「安全面では、各選手に衛星電話システムを提供し、助けが必要なときに作動できるようにします」とルカ・サンティーニは続けた。オールラウンドeMTBは、技術的にはタフなレースですが、ダウンヒルが得意なライダーにとっては、楽しさと満足感を与えてくれるものとのこと。

各日の昼下がり、参加者はトゥアレグのテントをモチーフにした大きな建物に迎えられ、そこで冷たいビールを飲んだり、ステージの表彰式が始まる前にDJセットでくつろいだりすることができる。「私たちは、単純な競争よりも楽しいイベントを提供することに興味があり、e-MTBライダーが本当に楽しんでくれることを確信しています」とサンティーニは締めくくった。

2022年7月5日から9日にかけて開催されるオールラウンドeMTBのエントリーは2月に始まり、ヨーロッパ各地から参加者が集まる予定。

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事