シナネンサイクルがE-Bikeに参入予定 MOTINOVA製ドライブユニットを日本初搭載

- Advertisement -

2021年10月13日から14日に、TRC東京流通センターで行われた「CYCLEFES TOKYO 2021」。数ある出展者の中でも、気になるブランドをピックアップする。

今回、紹介するのはシナネンサイクル。シナネンサイクルは自転車の製造から、小売り店舗「サイクルプラザダイシャリン」を展開している自転車会社で知られている。

今回注目するのは、シナネンサイクルが展開予定のE-Bike。展示されていたE-Bikeは街乗り向けマウンテンバイクやトレッキングバイクのイメージに近いモデルだ。

搭載されているモーターはMOTINOVA VOLANS。MOTINOVAは中国・香港にあるE-Bike用ドライブユニットを製造する会社。スペックは定格出力250W、最大トルク65Nm。モーターのデザインは20万円台のE-Bikeで使う物の中ではスマートな部類に入るだろう。

今回、MOTINOVA VOLANSを搭載したE-Bikeに乗ることができた。場所の関係で短時間しか乗車することができなかったが、モーターノイズはほぼ無音のBOSCH ActiveLine Plus(定格出力250W、最大トルク50Nm)よりもあるが、Shimano STEPS E6180(定格出力250W、最大トルク60Nm)よりも遥かに静かだ。

パワー、トルク感はBosch ActiveLine PlusやShimano STEPS E6180よりも強く感じる。また、Benelli TAGETEに搭載されていたBAFANG M400(定格出力250W、最大トルク80Nm)のように発進時に唐突にアシストを出すわけでないのも良い。20万円台前半のE-Bikeに搭載するドライブユニットとして考えると、よく出来ていると感じた。電池容量や充電時間に関しては不明だ。

シナネンサイクルは、E-Bikeの販売だけでなく、MOTINOVA製ドライブユニットを搭載したシェアサイクルを展開する予定とのことだ。

シナネンサイクル製E-Bikeの発売日時は不明。価格は20万円台前半を目標としている。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連