手ぶらで楽しめるカーシェアリングサービス「STORYCA」誕生 電動アシスト折りたたみ自転車を一緒にレンタルできるプランも用意

- Advertisement -

アルパインマーケティングは9月15日、カーシェアリング事業「STORYCA(ストリカ)」を開始した。

アルパインはカーオーディオやカーナビゲーションなどのカーエレクトロニクスの領域で、サウンドやエンターテイメント製品を提供している。近年のConnected(コネクテッド)、Autonomous(自動運転)、Shared&Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電気自動車)(CASE)に伴う自動車業界の変化や、シェアリングエコノミーの普及により価値観が多様化する中で新規事業を構想。

その中で、アルパイン製品の最新カーナビや、サウンドシステムはもちろん、お客様が体験してみたいと思えるアクティビティとセットにした車両でのカーシェアリングという新規事業に取り組むとのことだ。

「STORYCA」は、クルマの「カーシェアリング」に、「目的別」の道具や装備をセット・パッケージにしたカーシェアサービス。従来のカーシェアリングやレンタカーのように、別で道具を購入したりレンタルの手配を行う必要がなく、手ぶらでSTORYCAの車両を借りて目的地でアクティビティを楽しむことができる。

STORYCAは、各STORYに合わせたアクティビティの道具や装備をセットしただけでなく、アルパインの最新カーナビやサウンドシステムなどのカーエレクトロニクス製品もフルシステムで装着されている。

カーシェアリング用モデルは2種類のモデルを用意。『STORYCA』FAMILY CAMP STORYは「デリカD:5 CAMP仕様車」5人乗りで、3列目シート部にキャンプ道具一式を積載している。『STORYCA』PUTTERING STORYは「アルファード ポタリング仕様車」4人乗り(推奨2名利用)で、折りたたみ式電動自転車2台を3列目シート部に積載している。

9月のサービス開始時は、神奈川県横浜市港北区新羽にSTORYCA車両を配置した「ステーション」に来店し、STORYCA車両で目的地へ出発できる。マイカーで来た人には「ステーション」内に駐車が可能。今後は「ステーション」を順次全国に拡大する。料金は、「FAMILY CAMP STORY」の場合、中型ミニバン「デリカD:5」のベース車両に、キャンプ道具一式をセットして金曜の夜に出発、日曜の夜に返却する「2泊3日」のモデルケースで、8万5000円(税込)となる。

関連リンク

 

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連