あさひからシニア向け電動アシスト自転車 「ENERSYS Life」登場 自然なアシストを売りにした電動アシスト自転車

- Advertisement -

あさひは9月15日、あさひ製電動アシスト自転車ブランド「ENERSYS(エナシス)」から、シニア向けモデル「ENERSYS Life(エナシスライフ)」を9月中旬より販売開始すると発表した。

あさひ製電動アシスト自転車「エナシスライフ」は、いつまでも健康に暮らしたいシニア世代のために、安全性と快適さを考えた電動アシスト自転車。シニア世代の自転車走行は低速で走るためハンドルがふらつきやすいことに着目し、発進時の滑らかな加速と低速時の安定感を考慮したアシストプログラムを独自設計している。

また、自転車に乗り降りする際の足を上げてまたぐ動作でバランスを崩すという声を受け、中央のフレームを地面と水平に配し、足の通るスペースを広く確保している。また、足先がフレームとぶつかりにくく、低い位置でサッと足を通せるため、転倒の危険性を低減した。

液晶スイッチパネル。「電池残量」「走行モード」「残り走行可能距離」が一目で分かる設計で、USBポートから、ライトや携帯電話への充電も可能だ。

フレームはアルミ製でカラーはネイビー/ブラウン。キャリア耐荷重は18キログラム(クラス18)。サイズは20型で適応身長は135センチメートルから。変速は無し。重量は23.5キログラム。充電時間は5~6時間。バッテリーはリチウムイオンバッテリー 36V×10.3Ah (25.2V換算で14.7Ah相当)。走行距離はエコモード約80キロメートル、標準モードで約60キロメートル、パワーモードで約55キロメートル。販売価格は10万5800円(税込)

関連リンク

 

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連