MTBを取り巻く環境と普及活動の関係性を知る「マウンテンバイカーズ白書」発売

- Advertisement -

辰巳出版は8月3日、マウンテンバイカーズ白書を発売した。

本書は、日本のマウンテンバイカーを取り巻く現在の環境について、野外フィールドの運営・維持に携わるエキスパートほか、多方面より情報を収集。持続可能なマウンテンバイクシーンを築くためのヒントが得られる1冊となっているとのこと。

日本のマウンテンバイクの歴史は、土地の所有者、トレイルをシェアし合うはずのハイカー、林業関係者との間でトラブルが起きるたび、締め出しを繰り返してきた。しかし、近年では負の遺産を返上すべく立ち上がったローカル団体や事業者による活動が全国に広がっており、マウンテンバイクで走れる持続可能なフィールドを実現する思いと活動記録をまとめた一冊となっている。価格は3080円(税込)。内容は以下の通り。

第1章

MTBの野外フィールド確保を目指す地域連携活動

(1)地域貢献を軸にフィールド確保を目指すマウンテンバイカーの活動団体

(2)地域活性化を通じたフィールド確保を志すガイドツアー事業

(3)地域に根差したMTB公共フィールドの維持・管理

MTB FIELD LIST

第2章

日本におけるマウンテンバイカーの歩みと現状

(1)MOUNTAINBIKE THEN & NOW

(2)マウンテンバイカーに関する各種データ

(3)日本のマウンテンバイカー一斉調査

(4)フィールドの維持管理に一役買うMTB関連組織の実績

(5)日本におけるMTB関連のメディア事情

第3章

地域と結びつくマウンテンバイカーの野外フィールド

(1)日本のマウンテンバイカーをめぐる社会状況と課題(平野悠一郎)

(2)マウンテンバイカーと野外フィールド

第4章

MTBの野外フィールド創りの技術とノウハウ

(1)日本の山岳・農山村地域での持続的なフィールドの作り方

(2)トレイルビルダーの世界とその技術

(3)MTBはこんなにも山や地域の役に立つ

(4)マウンテンバイカーによるフィールド整備について ~山での作業の安全管理の観点から~

(5)Soil Searchingと1% For Trails:スペシャライズド社の取り組み

(6)BELL BUILT JAPAN:MTBに関わる企業の役割

マウンテンバイカーズ白書

マウンテンバイカーズ白書

3,080円(09/27 13:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連