ZuttoRide Sharing、シクロライダーと提携し「法人、自治体向けE-Bike導入支援サービス」をリリース

- Advertisement -

ZuttoRide Sharingは5月18日、高級スポーツバイクレンタルの「CycleTripBase」にて、シクロライダーと提携し「法人、自治体向けE-Bike導入支援サービス」をリリースした。

法人、自治体向けE-Bike導入支援サービスは、新時代のモビリティの1つであるE-Bike(電動アシストスポーツ自転車)を通じて課題の解決と、新たな魅力の創造を行うサービス。

「法人、自治体向けE-Bike導入支援」は、一般社団法人E-Mobility協会の定額リース「e-Bike RAKU RAKUプラン」を使用することで、ブランドやジャンルに縛りが無く、様々なE-Bikeを提案する。

小回りが効くミニベロタイプのE-Bikeから、オフロード走行が可能なE-MTB、荷物を沢山積むことができるカーゴバイクタイプなど、様々なE-Bikeを提案可能。

また、シクロライダーでは街乗り向けのミニベロタイプのE-Bikeから新車価格80万円以上のフルサスペンションE-MTB、まだ発売されていないカーゴバイクタイプのE-Bikeなど、多種多様なE-Bikeの試乗インプレッションを実施しており、リアルなインプレッションから培った情報を元に、単純に価格やジャンルだけでE-Bikeの提案を行うのではなく、予算や希望条件、地域に合わせたE-Bikeを提案を行う。他にも、導入前にE-Bikeを使った試走テストを行うことも可能。

関連リンク

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連