世界的E-Bikeレース「ワールドE-Bikeシリーズ ボローニャ・アペニーノ」がイタリアで6月5日、6日に開催【海外E-Bikeニュース】

- Advertisement -

©WES

UCI E-マウンテンバイクワールドカップ「ワールドE-Bikeシリーズ ボローニャ・アペニーノ」がイタリアで6月5日、6日に開催される。

WES「ワールドE-Bikeシリーズ」は、2019年にモナコで誕生した、初のE-Bikeの国際的な大会を企画・推進するためのシリーズ。

2020年に「ワールドE-Bikeシリーズ」は、初のUCI E-Mountain Bike Cross-Country World Cupとしての権利を得て、上位へのステップアップを果たした。E-XCシリーズは、UCI世界選手権への参加資格となるポイントを提供し、誰もが憧れるレインボージャージの獲得を目指す。

E-Cross-Country (E-XC)はWESの中心的な種目だが、WESイベントは、E-Gravityレースやシティトラック競技、さらにはRide WESと呼ばれるプロと一緒に走るアマチュアライドも開催される。

国際的なネットワーキングやワークショップは、地方自治体や電気業界と一緒に開催され、E-モビリティの選択肢や「新時代」におけるE-Bikeの重要な役割、エレクトリックスポーツやサイクルツーリズムの発展について話し合う。以下、リリースから。

WES(World E-Bike Series) Bologna 2021 Round Bologna

2021年6月5日(土)、6日(日)にカスティリオーネ・デイ・ペポリで開催されるWESボローニャ・アペニーノ(スズキ・ハイブリッド プレゼンツ)は、ワールドE-Bikeシリーズのイタリアでの初開催となります。

©WES

2021年のWESの新フォーマットでは、UCI E-MTB XCワールドカップの2レースが予定されており、土曜日にレース1、日曜日にレース2が開催されます。

前回のイベントではエキサイティングなアクションが見られましたが、WESの有名選手がモナコラウンドの主人公たちと一緒に今シーズンのデビューを果たします。

©WES

2012年ロンドンオリンピックの銅メダリストである地元のスター、マルコ・アウレリオ・フォンタナ選手(Focus)は、スズキ・ハイブリッドが提供するWESボローニャ・アペニーノの第2戦に参加するビッグネームの一人です。”WESは設立当初からE-Bikeを信じていました。毎年、素晴らしいショーと素晴らしい競争を提供するために、ますます良くなっています。2019年と2020年の過去2回の開催を経て、今回のボローニャ・アペニーノラウンドでは、ライダーたちがアペニン山脈を最大限に活用することで、また新たな一歩を踏み出すことができると確信しています!」。フォンタナはそう宣言しました。

世界やヨーロッパのイベントで10回以上の表彰台を獲得し、2019年のWES E-XCタイトルを獲得したイタリア人は、WESボローニャ・アペニーノ大会で、E-XCスペシャリストであり、WES男子の現在のランキングリーダーであり、2020年UCI E-MTB世界選手権の銀メダリストであるジェローム・ジルー選手(ETeam・Moutache)と再び戦います。フォンタナのイタリア人仲間であるアンドレア・ガリボ(HaiBike)も、WESのホームラウンドでシーンに参加します。

©WES

女子では、2019年UCI E-MTB世界チャンピオンで、2020年WESモナコ大会で優勝したナタリー・シュナイター(TREK)が並び、WESランキングトップのソフィア・ヴィーデンロス(Specialized)、世界チャンピオンに輝いたメラニー・プーギン(BH E-Racing Team)、同胞のカトリン・スティルネマン(Thömus RN Swiss Bike Team)と対戦します。

©WES

WES Bologna-Appennino, Presented by Suzuki Hybridは、ファクトリーチームからプライベーターまで30の国際的なチームが参加し、E-Bikeのトップメーカーがサポートします。

WESの概要は以下の通りです。

– ワールドクラスのトップアスリート50名以上(女子・男子
– 3人のオリンピックメダリスト
– 4名の世界選手権および国内選手権優勝者
– 1 ダカールドライバー選手

– 30の提携・ファクトリーチーム
– バイクメーカー19社
– エンジンメーカー6社

WESでは、COVID-19対策規定に基づき、イベントの中心となるエキスポエリアを設置し、技術点検などのレース前のアクティビティを行うパドック、e-bikeのデモエリア、レースディレクション、プレスルーム、スポーツオフィスなどを備えたロジスティックスハブを古代から続くユニークな会場内に設置します。

WES Bologna-Appennino, Presented by Suzuki Hybrid HQは、中世の町の中心部であるPiazza della LibertàにあるCastiglione dei Pepoliに設置され、公式表彰式もここで行われます。また、レースコースの一部はカムイジャーノ地区に設置されます。

WES ボローニャ・アペニーノ 2021:イタリア・エミリア・ロマーニャ州の観光促進のためのE-Bikeの活用

6月最初の週末、ボローニャとアペニン山脈は、UCI E-Mountain Bike Cross-Country World Cupの第2戦が開催されることにより、E-Mountain Bikeの世界的な中心地となります。 カスティリオーネ・デイ・ペポリとカムニャーノの町には、この新しい競技のトップアスリートが集まります。また、競技だけでなく、このイベントはこの山間部を観光地として再出発させるものでもあります。

©WES

UCI E-Mountain Bike Cross-Country World Cupは、2年前に開催されたWES World E-Bike Seriesの流れを汲むもので、2021年のシーズンはいつものようにモナコ公国での開幕戦で幕を開けます。4月の開幕戦に続き、6月5日・6日の週末には、イタリアのエミリア・ロマーニャ州、特にボローニャ市と、カスティリオーネ・デイ・ペポリ市およびカムニャーノ市周辺のアペニン山脈のトレイルで開催されます。E-MTBというスポーツは大きな成長を遂げており、E-Bikeブランドは、このハイレベルな大会が、テクノロジーを進化させ、自社の製品群を宣伝するための素晴らしい機会であり、ショーケースであると考え、直接参加しています。

同様に、大会を開催する会場では、E-MTBでのツーリングに最適なマウンテンバイクの観光スポットを紹介する機会を得ています。

国際的なスポーツと観光のショーケース

©WES

ワールドE-Bikeシリーズのような国際的な大会は、開催地である観光地のプロモーションにも大きく貢献しています。だからこそ、来年6月に開催される「WESボローニャ・アペニーノ2021」は、高性能なスポーツイベントであるだけでなく、地域の知名度を高め、プロモーションを行うチャンスでもあるのです。WESボローニャ2021は、カスティリオーネ・デイ・ペポリとカムニャーノ地域全体の国際的なショーケースとして機能します。レースサーキットはこの2つの地域を通過し、20以上の国際的なチームが最初のゴールを目指して戦います。また、エミリア・ロマーニャ州が、スポーツや持続可能なモビリティにとって理想的な場所であることを証明します。

“エミリア・ロマーニャ州大統領府次官のジャンマリア・マンギ氏は、「私たちの地域は、山間部の振興と環境の持続可能性を同時に実現する国際的なサイクリング・イベントを再び開催できることを嬉しく思います。

環境への配慮は、今やすべてのイベントや地域、ブランドが環境に配慮していることを示すために不可欠な要素となっています。

カスティリオーネ・デイ・ペポリ、2021年のWESボローニャ・アペニーノ大会の本部

カスティリオーネ・デイ・ペポリ市の歴史的な町の中心部にある魅力的なリベルタ広場は、イベントの総本部、賞品授与式、レースルートの一部の背景となります。緑豊かな田園地帯に囲まれたこの町は、ハイキングやマウンテンバイクのトレイルルートの出発点としても最適です。
“カスティリオーネ市長であり、ボローニャ・アペニン山脈自治体連合会長のマウリツィオ・ファブリ氏は、「E-Bikeの革命は、環境を尊重した本物の観光体験を通じて、アペニン山脈の観光に付加価値をもたらす技術革新になるかもしれません。

15世紀に建てられたPalazzo Comitale dei Conti Pepoliをはじめとする美しい歴史的建造物が立ち並ぶ旧市街を出発し、バラガッツァ、ボッカディリオの聖域、モンテ・タランテラ、その名を冠した湖、スパルヴォ、クレダなど、ボローニャ周辺のアペニン山脈の斜面に広がる豪華で伝統的な集落を巡りながら、様々な景色を堪能することができます。

スビアーナ湖とブラジモネ湖の地域公園

WESボローニャ・アペニーノ2021の第二の柱は、カムニャーノ市とスビアーナ湖・ブラジモーネ湖の地域公園で、サイクリストやハイカーにとってはまさに天国のような場所です。この地域はサイドイベントの目玉となり、イベントを見に来た観客に最高の自然環境を提供します。
“この複雑な世界的流行の中で、この地域は、より人間的なスケールで時間を楽しむのに最適な場所かもしれません」と、カムニャーノ副市長でスビアーナ湖・ブラジモーネ湖地域公園会長のウバルド・ラッツァーリ氏はコメントしている。3つの湖のおかげで、30km以上のトレイルを持つ巨大なエコミュージアムとなっており、ボローニャとフィレンツェの両方から1時間で行けるマウンテンバイクやトレッキングファンにとって完璧な目的地となっています」。

観光資源としてのE-Bike

E-Bikeは、モビリティとスポーツに革命を起こすだけでなく、環境に恵まれた地域と都心部を簡単につなぐことができる、新しい観光商品を作る絶好の機会にもなります。
“WES World E-Bike Seriesがアペニン山脈に戻ってくることは、私たちにとって非常に重要なニュースです。これは、素晴らしい場所で自然と密接に関わりながら行われるスポーツイベントであり、この地域の知名度を高めるものです。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連