Warning: getimagesize(https://www.cyclorider.com/wp-content/uploads/2020/07/logopng-3.png): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 429 Too Many Requests in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-content/plugins/td-cloud-library/shortcodes/header/tdb_header_logo.php on line 792
日曜日, 9月 20, 2020
ホーム News 2021年モデルの自転車まとめ コーダーブルームのエンデュランスロードバイク「FARNA」リムブレーキモデルが発売

コーダーブルームのエンデュランスロードバイク「FARNA」リムブレーキモデルが発売

総合自転車メーカー「ホダカ」 のスポーツバイクブランド「KhodaaBloom (コーダーブルーム)」は6月10日、エンデュランスロードバイクFARNA (ファーナ) のリムブレーキモデルを6月12日に発売すると発表した。

写真はFARNA105

エンデュランスロードバイク「FARNA」は、欧米人と比較して小柄で手足が短めな日本人に合わせたフレーム設計が特長。重量剛性比の高いアルミ合金にトリプルバテッド加工を施したパイプで構成され、地面からの突き上げを和らげる横方向に扁平加工したチュービングを取り入れている。また、スムースウェルド工法を用い、2 重の溶接を施し手作業で溶接部の凹凸を研磨することで応力集中の原因となる溶接部の急激な肉厚の変化を除去している。

新モデルではリア三角の設計を改めてチェーンステーを従来よりもサイズにより10~15mm 短縮し、加速感を高めている。一方で従来モデルと同等のフロントセンター長を確保し、エンデュランスロードバイクとしての走行安定感もキープしている。コンポーネントはブレーキキャリパーやホイールに至るまでシマノコンポーネントで統一し、Continental ULTRASPORT タイヤを使用。395/430mmサイズは小柄な方が扱いやすいコンパクトハンドルを採用しているので無理のない操作を売りにしている。

発売するのは105、TIAGRAの2モデル。目的や用途に合わせてコンポーネントグレード別に選択できる。105 モデルでは140cm 代の小柄なライダーに最適なフィッティングを提供できるフレームサイズ395mm(XS サイズ)を用意した。

 

車体はAll-New“EAST-L”Triple Butted,Smooth WeldアルミフレームとAll-Newテーパーフルカーボンフロントフォークの組み合わせ。

FARNA 105コンポーネントはシマノ 105で、クランクは105 50/34T、スプロケットは11-32T 11速。ブレーキはシマノ 105キャリパーブレーキ。タイヤは Continental ULTRASPORT 700X25C BK/BK。重量は8.8kg (500mm)。カラーはホワイト、マットブラックの2色で、価格は13万3000円(税抜、以下同)。

FARNA TIAGRAのコンポーネントはシマノ TIAGRAで、クランクはTIAGRA 50/34T、スプロケットは11-32T 10速。ブレーキはシマノ TIAGRAキャリパーブレーキ。タイヤは Continental ULTRASPORT 700X25C BK/BK。重量は9.2kg (500mm)。カラーはマットガンメタル、マットレッドの2色で、価格は9万9900円。両モデルとも2021年モデル継続。

関連リンク