木曜日, 9月 24, 2020
ホーム LifeStyle しまなみ海道の自転車通行無料 2022年3月末までに延長

しまなみ海道の自転車通行無料 2022年3月末までに延長

JB本四高速(本州四国連絡高速道路)は、西瀬戸自動車道、通称「瀬戸内しまなみ海道」の自転車通行料金が期間限定で無料となる企画割引「しまなみサイクリングフリー」を2022年3月末まで延長すると発表した。

「瀬戸内しまなみ海道」は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmのサイクリングコース。地元の取組により「サイクリストの聖地」として国内だけでなく海外から高い評価を得ており、2019年11月には、国土交通省から第一次ナショナルサイクルルートの指定を受けた。

しまなみ海道自転車通行料無料化は、広島県、愛媛県及びしまなみ海道自転車道利用促進協議会と協力し、2014年から行っている企画割引。対象となる橋は、因島大橋、生口橋、多々羅大橋、大三島橋、伯方・大島大橋、来島海峡大橋。通常50円から200円かかる通行料金が無料になる。

「しまなみサイクリングフリー」の対象は、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)を利用する自転車(但し原動機付自転車は対象外)。実施期間は2022年3月31日(木)まで。利用にあたって必要な手続はない。

リンク:しまなみサイクリングフリー(JB本四高速)