水曜日, 9月 23, 2020
ホーム LifeStyle 困ったときに駆け付ける「自転車ロードサービス」 au損保が最新の利用実態を公表

困ったときに駆け付ける「自転車ロードサービス」 au損保が最新の利用実態を公表

au損害保険(以下、au損保)は、自転車向け保険に付帯する「自転車ロードサービス」の利用実態を調査した。

au損保が提供する「自転車向け保険」は、パンク等で自走できなくなった際、50km以内の希望の場所まで自転車を無料搬送する「自転車ロードサービス」が付いている。「一番利用されている時間帯は?」「どんな故障で呼ぶの?」などが分かる、最新の利用実態を公表した。

【調査概要】※au損保調べ
・n=母集団のデータの数
・本調査の構成比は小数点第2位以下を四捨五入しています。

■本調査
・調査対象:2018年10月1日~2019年9月30日にau損保の自転車ロードサービスを要請された方
・有効サンプル数:2,195件

最も要請の多い車種は?

サービスを要請した車種は「ロードバイク」が59.9%で過半数を占め、次いで「シティサイクル(電動アシスト付自転車含む)」が21.5%、「マウンテンバイク・クロスバイク」が12.5%、「小径車(ミニベロ・折り畳み自転車等)」が2.2%となった(以下全て「シティサイクル」は電動アシスト付自転車を、「小径車」はミニベロ・折り畳み自転車等を含む)。

土日の要請が約42%  ロードバイクの週末要請は21.7%増加

要請があった曜日は、最も多いのが「土日」で42.1%。車種別では「ロードバイク」の土日平均は72.3%、平日平均の50.5%を21.8ポイント上回りまった。「シティサイクル」の土日平均は13.3%と、平日平均の27.7%の半分以下に減少した。土日は長距離ライドをする「ロードバイク」利用者から、平日は「シティサイクル」利用者からの要請が多いことが分かる。

搬送は「1~20km」で66.3% 、「シティサイクル」は短い距離での利用が多い

 

トラブル場所から搬送場所までの搬送距離は、「1~10km」が39.2%で最も多くなった。「11~20km」を含めると66.3%と、過半数を超えた。車種別に搬送距離を見てみると、「ロードバイク」における「1~10km」での要請は38.0%だが、「21~30km」では、81.3%と43.3ポイント増加している。一方「シティサイクル」での「1~10km」での要請は39.2%だが、「21~30km」では8.4%と4分の1以下に減少している。「ロードバイク」は長い距離での要請、「シティサイクル」は短い距離での要請が多いことが分かる。

時間帯に関しては「早朝・深夜」の要請が17.2%

 


要請があった時間帯別は、昼間が24.9%と最も多い。次いで夕方が21.9%、午前中が19.6%となりった。しかし、早朝と深夜を合わせると17.2%と、早朝や深夜に、事故や故障等のトラブルで本サービスを要請する方も一定数いることが分かった。

土日(深夜平均)は7.4%となり、平日(深夜平均)の11.1%を3.7ポイント下回り、一方で土日(昼間平均)は28.2%、平日(昼間平均)の22.5%を5.7ポイント上回った。

※早朝(5:00~9:00)、午前中(9:00~12:00)、昼間(12:00~15:00)、夕方(15:00~18:00)、夜間(18:00~21:00)、深夜(21:00~5:00)とします。

au損保は、「自転車ロードサービス」の利用実態をさらに具体的に調べるため、追加で質問したところ、103名の方から以下の回答を得た。

要請の原因は故障が80.6% 故障個所は「後輪のパンク」が最多

本サービスを要請した原因は、故障が80.6%、事故が19.4%となった。故障と答えた方に内訳は(複数回答可)、後輪のパンクが55.4%で最多となった。パンクの故障と答えた人に、「自分で直すことはできなかったか」と尋ねたところ、「修理する道具を持っていなかった」という回答が55.1%と最も多く、次いで「直し方が分からなかった」が13.0%、「直すことはできたが、ロードサービスを呼んだ」が8.7%となった。

要請は「余暇でのサイクリング中」が68.0% 「自分ひとり」の時が大半

本サービスを要請した際のシチュエーションを尋ねたところ、「余暇でのサイクリング中」が68.0%、次いで「通勤・通学中」が23.3%となった。また、その際に「誰かと一緒にいたか」を尋ねたところ、「自分ひとり」が83.5%と大半を占め、次いで「友人」が10.7%、「家族」が4.9%となった。他に頼ることができる人のいない、自分ひとりだけの状況で故障や事故を経験している方が多いことがわかった。

トラブル時、98.1%が自転車ロードサービスを「すぐに思い出した」

自転車のトラブルが起きた際、自転車ロードサービス付きの保険に加入していることをすぐに思い出したかを尋ねたところ、98.1%の方が「すぐに思い出した」ことが分かった。理由を尋ねると(複数回答可)、「自転車ロードサービスに魅力を感じ、保険に加入したから」が85.4%で1位に、次いで「スマートフォンアプリ『自転車の日』をインストールしていたから」が22.3%、「以前にも利用したことがあるから」が14.6%となった。

公式サイト:au損保