星野リゾートのサイクリスト向けホテル 「星野リゾート BEB5 土浦」が2020年3月19日開業

- Advertisement -

星野リゾートは、2020年3月19日、茨城県土浦市に「星野リゾート BEB5 土浦(ベブファイブ ツチウラ)」を開業すると発表した。「星野リゾート BEB5 軽井沢」に続き、BEBブランドとして2軒目の施設となるこのホテルは「ハマる輪泊」を合言葉としたコンセプトのサイクリスト向けホテルだ。

株式会社アトレによるJR土浦駅の「PLAYatre TSUCHIURA」にて、星野リゾートが運営を担当、茨城県の補助金認定を加えた三者協力体制で展開する、星野リゾート初の自転車を楽しむホテル。

「輪泊」は「民泊」を参考にした星野リゾートで生まれた造語で、自転車と宿泊を掛け合わせた滞在を指している。「ハマる」は、自転車に興味がないお客様もその魅力に「ハマる」。生粋の自転車好きから、ちょっと興味がある人、ダイエット、ファッション、キッズの自転車デビューまで、あらゆる自転車ニーズに「ハマる」の意味を持たせている。

BEB5 土浦がある駅ビル「プレイアトレ土浦」は、2018年3月に日本最大級のサイクリングリゾートとして開業した。茨城県は、自転車を核とした地域活性の取り組みを推進しており、霞ヶ浦を中心とした「つくば霞ヶ浦りんりんロード」や、自転車フレンドリーな駅ビル・街づくりを実施。これに合わせて星野リゾートは「ハマる輪泊」を合言葉に、新しいスタイルの旅の提案を行う。

BEB5 土浦は、自転車に乗ったままでのチェックイン・チェックアウト「サイクルイン・サイクルアウト」が可能。ゆとりある設計の館内にすることで、自転車と一緒に練り歩いてもストレスなく移動できる。また、24時間オープンのパブリックスペース「TAMARIBA」を用意。カラフルな自転車やギアがディスプレイされ、DJブースや大迫力のスクリーン、ライブラリー、カフェと、様々な楽しみ方が可能。飲食物の持ち込みも可能だ。客室には、愛車と片時も離れたくない人のための「サイクルルーム」も用意。壁面のラックに自転車を飾る事も可能だ。

 

BEB5 土浦は、開業に向けて準備を進めている。プレイアトレ土浦内のショップとの連携や「つくば霞ヶ浦りんりんロード」の活用に加え、愛車メンテナンスサービス、ダイエットライドなど、あらゆる角度から自転車関連の宿泊プランも検討中とのことだ。

<施設概要>
施設名  :星野リゾート BEB5 土浦
所在地  :〒300-0035 茨城県土浦市有明町 1-30
施設構成 :客室、パブリックスペース「TAMARIBA」
(カフェ、ライブラリーを含む)、ショップ
客室数  :90室
料金   :1泊6,000円~(2名1室利用時1名あたり、税別、食事別)
アクセス :JR土浦駅直結
開業日  :2020年3月19日
予約開始日:2019年9月30日
URL    :https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/beb5tsuchiura

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連