Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

Warning: Attempt to read property "query_var" on bool in /home/mk27/cyclorider.com/public_html/wp-includes/taxonomy.php on line 4666

フラットハンドルでサイクリング/ツーリングを行う方法まとめ

日本では、サイクリングやツーリング用の自転車といえばドロップハンドルの自転車を薦められる風潮がある。筆者もかつてはドロップハンドルのシクロクロスバイク(Bianchi Lupo)を購入し、しまなみ海道など、様々な場所を走ったが、走っていくうちにドロップハンドルがサイクリング/ツーリングに良いという風潮に疑問を持つようになった。その後ロードバイク→クロスバイクに移行。今はメインマシンはドロップハンドルとフラットハンドルの2種類を持っている。ここではフラットハンドルの利点と、フラットハンドルで長距離を楽に走れる方法をまとめてみた。

フラットハンドルの利点

フラットハンドルのスポーツサイクルの利点は、ドロップハンドルの自転車よりも価格が安い所だ。ドロップハンドルはロードバイクやグラベルロード等、一部のスポーツサイクルにしか採用されていないため、部品の価格が高価になる傾向にある。一方、フラットハンドルの自転車はマウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロ、折りたたみ自転車、一般車など様々な自転車に採用されている。そのため、ドロップハンドルを搭載したロードバイクやグラベルロードよりも低価格で購入可能だ。ロードバイクだと8万円で買えるレベルの物が、クロスバイクなら6万円で同レベルの物が買えることもある。ドロップハンドルの自転車の値段は、同じ部品グレードが使われているフラットハンドルの自転車の値段よりも1.5倍高くなるだろう。

また、フラットハンドルは、扱いやすいのも利点だろう。ブレーキレバーがかけやすく、コーナーも安定して曲がることができるため、初心者でも安心して走行できる。ドロップハンドルだと、ハンドル幅が狭くて抑えにくく、テコの原理の関係でブレーキがかけにくい。特に低速時やオフロード走行、下りのコーナーリングはフラットハンドルのほうが安定して走行できるだろう。

フラットハンドルの欠点

フラットハンドルの欠点は、手首を曲げた状態でハンドルを握らないといけないことだ。自転車に限らず、自動車やオートバイの多くのハンドルは手首に負担がかかりにくい形状で運転できる。それに対し、クロスバイクなどフラットハンドルのスポーツサイクルは、手首に負担がかかる物が多い。フラットハンドルの自転車で長距離サイクリングを行う場合、いかに手首の負担を少なくするかが肝だ。

フラットハンドルの自転車で長距離サイクリングを行うためのカスタム

フラットハンドルのクロスバイクで長距離サイクリングを行う時、問題になるのが手首が痛くなること。この問題を解決する場合、バーエンドバーを装着する、ハンドルを交換するのが一般的だ。

バーエンドバーを装着する

IMG_0003

ハンドル両端に装着するのが一般的なバーエンドバーは、ハンドルに簡単に装着できハンドルを握る位置を簡単に増やすことができる。バーエンドバーは様々なタイプが売られているので簡単に試せるのも特徴だ。

クロスバイクやMTBカスタムで有名なバーエンドバーについて解説

TOGSを装着する

フラットハンドルにポジションを増やす「TOGS」を紹介

ハンドル内側に装着するTOGSは、親指を引っ掛けて使う部品。バーエンドバーよりも小さく目立たないのが特徴だ。また、一般的なフラットハンドルだけでなく、ハンドルが手前に来るプロムナードハンドルやトレッキングハンドルでも使用できる。

フラットバー用ブルホーンハンドルを装着する

NITTO(日東) B261AA 480 φ25.4 SILVER 480 ハンドルバー

NITTO(日東) B261AA 480 φ25.4 SILVER 480 ハンドルバー

3,354円(06/22 23:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

バーエンドバーとフラットハンドルが一体型となったブルホーンハンドルを使う方法。フラットハンドル+バーエンドバーと比較した場合、バーエンドバーを装着する繋ぎ目が無いため、より快適なサイクリングが楽しめる。

手前に曲がったハンドルを交換する

ハンドルが手前に曲がったプロムナードハンドルやトレッキングハンドルを装着する方法。乗車姿勢はややゆったりになる。バーエンドバーやブルホーンハンドルよりも、楽に運転できるのも特徴だ。ハンドル位置が手前になるため、ハンドル購入時は念密に考えて行わないと窮屈で乗りにくいだけの自転車になるため注意。

プロムナードハンドル・トレッキングハンドルのススメ 利点と欠点・お薦めハンドルを紹介

 

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_img
spot_imgspot_imgspot_img