ウメザワ・ランドナー

サイクルハーバー青梅に寄贈したウメザワ・ランドナーはどのように復活したか?

2018年2月に、長らく乗っていないウメザワ・ランドナーとTREK Y-11をサイクルハーバー青梅に寄贈した。TREK Y-11はフレーム・フロントフォーク状態で復活するのに時間がかかる一方、ウメザワ・ランドナーは完成車状態(700C仕様)+泥除けや650Aホイール等の寄贈時の部品一式+ハンドル等の初代オーナーの寄贈部品一式があるため、復活が比較的容易なためかウメザワ・ランドナーが最初に復活した。

ウメザワ・ランドナーはどのように復活したか?

復活したウメザワ・ランドナーを最初に見た時「俺がずっと持ってなくて良かった。」と思えるほどの変貌ぶりだった。多少の変更点はあるが、基本的にオリジナルに忠実な仕様となっている。最初の寄贈時ではハンドルはチネリ、ステムはシマノ・デュラエースだったのが、ステムはサイクルハーバー青梅からの物に、ハンドルは、恐らく3Tのスーパーレッジェーラに変更されている。3Tのスーパーレッジェーラはウメザワの初代オーナーから貰った物で、そのまま使用せずサイクルハーバー青梅に寄贈した物を採用している。ホイールは700Cから、初期に装着されてあった650Aに換装。ハブのオーバーホールを行い復活させたとのことだ。

変速レバーはDURA-ACE。この変速レバーは初代オーナーがサイクルハーバー青梅に直接寄贈したレバーだ。

ウメザワの初代オーナーは、Wレバーだけでなく色々なのを寄贈したらしい。写真のカンパニョーロ製ブレーキレバーもその1つ。

ムック本に載ってなく、知る人ぞ知る自転車のウメザワだが、反響が高くて人気らしく、此の時で既にレンタサイクルの予約が入っていた。レンタサイクルの料金は2018年3月17日時点で、1日2,000円でレンタルできる。

因みに、もう1台寄付したTREKはこれから復活させるようだ。TREKは細かい部品が無いため時間がかかりそうだ。

サイクルハーバー青梅

特別特集(PR)

Special【PR】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【PR】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【PR】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-ウメザワ・ランドナー

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.