すべての記事 サイクリングコース

シクロライダーがお勧めする一度は行きたいサイクリングコース【随時更新】

自転車を趣味にして、趣味をソコソコやっていくにつれて思うようになったのは、自転車生活はハードよりもソフトが重要だと思うようになったことだ。いくら高価な自転車に乗っても、自転車に乗って楽しいと思う場所を走れないのなら、自転車に乗りたくなくなるからだ。自転車生活の中でもサイクリングを楽しみたいのなら、自転車で走って面白いサイクリングコースを見つけるのがベストだ。

日本の色々な所を走ると、一度走っただけで十分と思えるサイクリングコースもあれば、もう一度行きたいサイクリングコースをある。今回は実際に走ったサイクリングコースの中で、もう一度走りたいサイクリングコースや、一度は走るべきサイクリングコースをピックアップしてみた。

伊豆大島(東京都大島町)

東京の伊豆諸島の中でも、伊豆大島は伊豆諸島の中でも一番大きい島だ。東京から高速船を使えば僅か1時間45分で行くことができるほど近いが、東京都は思えない景色を楽しめる場所だ。自動車も東京23区や奥多摩エリアと比較すると少ないので、東京の中ではサイクリングしやすい場所だ。

伊豆大島内のサイクリングで一般的に定番なのは伊豆大島1週だろう。伊豆大島1週は約50kmと距離は短いがアップダウンが多いため初心者よりもサイクリング経験者向けのコースだ。サイクリング初心者で1週50kmを走れないと思うのなら波浮港がお薦めだ。波浮港は、川端康成の小説「伊豆の踊子」のモデルとなった舞台で、昔の雰囲気を残した町並みや港を見ることができ、昔ながらの家を活用したカフェやゲストハウスもある。大島1週に飽きた人なら三原山ヒルクライムで力試しも良いだろう。

雨が降るなどの天候不良が発生してサイクリングが行えないのなら、レンタカーを借りて三原山を見たり、東京都立大島公園 動物園等の観光地や、波浮港等の観光地がお薦めだ。伊豆大島内にあるバスは、季節により運行本数が少ないため注意が必要だ。複数人で行動するのならタクシーを借りたほうがベストかもしれない。

レンタサイクルは大島の中心地である元町に多い。ママチャリとエントリーモデルのマウンテンバイクが殆どで、1日借りる場合はマウンテンバイクで2,000円ほどかかるようだ。

伊豆大島で注意すべき点はフェリー。海が荒れている等の事情により寄港地が変わるため余裕を持った行動が必要だ。東京(浜松町)で深夜発の客船に乗り、大島15時発の船に乗れば日帰りも可能だが、日帰りで行くにはもったいない場所だ。

  • コースレベル:初心者(元町~波浮港)から上級者(三原山ヒルクライム)まで
  • レンタサイクル:元町に集中している。マウンテンバイクあり
  • 注意点:フェリーの寄港地に注意
  • 今まで行った回数:2回

佐渡島(新潟県佐渡市)

新潟県の西部にある佐渡島は、佐渡ロングライドなどのサイクリングイベントが行われていることで知られている佐渡島。1週200km以上ある佐渡島の一番の特徴は、地域によって島の雰囲気が変わることだろう。Wikipediaによると暖流と寒流の接点に存在するため北海道と沖縄の特有の植物が同居するとのこと。実際に佐渡島を1週すると北部と南部では違う景色を見ることが可能だ。

佐渡島で有名なサイクリングコースは佐渡1週だろう。1週200km以上と長く、1日で回るにはサイクリングを長年やっている人でないと厳しい。また、観光シーズンでないと佐渡発着のフェリーには深夜・早朝発が存在しないため1日で1週しても、何処かで野宿を行う必要がある。レンタサイクルは街乗り用の電動アシスト自転車しかないため、自分で自転車を持ち込む必要があるため中級者向けだ。

佐渡の観光地で有名なのはトキの森公園と佐渡金山だろう。どちらも佐渡の歴史を関連しているため見応えはあり、天候不良でサイクリングが中止になっても大丈夫だろう。佐渡1週内のコースには、個人商店や自動販売機はあるがコンビニはなく、基本的には田舎を走るためサイクリングを行うのなら経験者向けのコースだ。

  • コースレベル:サイクリング経験者以上
  • レンタサイクル:街乗り用の電動アシスト自転車が殆ど
  • 今まで行った回数:3回(佐渡1週は2回)

しまなみ海道(広島県・愛媛県)

広島県尾道市と愛媛県今治市を橋でつないだしまなみ海道は、最早定番のサイクリングコースの1つとなっている。尾道(本州)から、向島・因島・生口島・大三島・伯方島・大島を経由して今治(四国)まで自転車で行くことができ、他の地域にはない特徴を持っているサイクリングコースだ。橋に上るための道の傾斜は緩やかになっており、島内にはサイクルオアシスという自転車乗りのための休憩所や、自転車トラブルに対応するためのサイクルレスキューもあるため、初心者でも走ることができる。レンタサイクルは各島内にあるしまなみレンタサイクルと、尾道と今治にあるGIANTストアのレンタサイクルが有名だ。

天候不良により、サイクリングが中止になっても各島には観光名所やグルメスポットがある。例えば、大三島には伯方の塩の工場があり工場見学ができ、日本総鎮守と呼ばれる大山祇神社もある。大島には、瀬戸内海で活躍した村上水軍について知ることができる村上水軍博物館もあるなど、観光には事欠かない場所だ。欠点はレンタカーで観光を行う場合、島と島を繋ぐ道は高速道路しかないため高速道路料金が高くつくことだろう。

  • コースレベル:初心者でも走行可能
  • レンタサイクル:尾道と今治にGIANTストアあり。各島にレンタサイクルもある。
  • 今まで行った回数:往復3回以上。

 

特別特集

Special【Sponsored】 レンタサイクル・自転車ツアー 特集

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

Special【Sponsored】 特集 盗難防止用品

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

Special【Sponsored】 漫画 特集

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-すべての記事, サイクリングコース

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.