4万円台 Tern サイクルベースあさひ 折りたたみ自転車 未分類

サイクルベースあさひ限定モデルのTern Link B7の特徴を比較・解説する

投稿日:

サイクルベースあさひは、自社ブランドのプライベートブランド自転車以外に、サイクルベースあさひ限定のモデルを販売している事がある。

Ternで一番安い折りたたみ自転車のLink B7は多くの店舗で売られている通常版とサイクルベースあさひ限定のあさひ限定版の二種類がある。今回は通常版とあさひ限定版のTern link B7の違いを解説したい。

カラーリングの違い

通常版のLink B7はブラック、ガンメタリック、レッド、ブルーの四色となっている。サイクルベースあさひ限定のLink B7はマットブラックとマットグレーの二色となっている。

泥除けの有無

通常版のLink B7では泥除けが標準で装備されているのに対して、サイクルベースあさひ限定のTern Link B7は泥除けが装備されていない。泥除けは後から購入すると物にもよるが4000円以上する。泥除けを外すのは簡単なコスト削減の一つだが、人間や自転車に汚れが付き、自転車の部品の摩耗が早くなる欠点がある。Link B7のような日常利用をメインに行う折りたたみ自転車で輪行を行う時に部品の脱着を行わない折りたたみ自転車なら、泥除けはあったほうが便利だろう。

泥除けとマッドフラップは汚れを人間だけでなく自転車も守ってくれる理由

通常版のLink B7とサイクルベースあさひ限定のLink B7なら、価格と泥除け、カラーリングの違いだけのように見えるため、好きな物を選べば良いと思う。

因みにLinkシリーズの違いについてはコチラで解説しています。

2017年モデル編Tern Link B7・Link C8・Link N8の大きな違い







シクロライダーお薦めジャンル一覧



-4万円台, Tern, サイクルベースあさひ, 折りたたみ自転車, 未分類

Copyright© シクロライダー , 2018 All Rights Reserved.