すべての記事 ロードバイク 自転車試乗・インプレッション

レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの違い Khodaa Bloom Farnaシリーズ編

ロードバイクの世界では様々なジャンルに分かれている。一番わかりにくいのがレーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの2ちで、レーシングロードバイクは競技用のロードバイクなのに対して、エンデュランスロードバイクは、レーシング用ロードバイクよりも長距離を快適に走れるロードバイクとなっている。

この違いがどれだけ違うのか実際に乗らないとわからない。今回、ワイズロード東大和の試乗イベントでレーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの2台を試乗することができたのでまとめてみた。

Khodaa Bloom Farna 700-105の解説

IMG_20160312_130724

Khodaa-BloomのロードバイクではエントリーモデルのFarna 700シリーズは、低価格ながら装備が充実しているのが特徴。フレームはEAST-L6011アルミ素材を採用し、パイプ内部を三段階に細かく薄くするトリプルバテッド加工を採用し、溶接部分を滑らかにしているスムーズウェルディング加工を行っている。

フレームの設計はロードバイクの中では前傾姿勢になりにくく、直進安定性を重視している設計のエンデュランスロードバイクタイプだ。

部品は殆どの部分でシマノ105を採用し、ホイールはシマノ105よりも一ランク上のアルテグラを採用しているなど、16万円で買えるロードバイクとしては贅沢な部品構成となっている。

フレーム:AL6011 EAST-Lアルミフレーム
フロントフォーク:カーボン 1-1/8 ~ 1-1/4
ブレーキ:SHIMANO 105 BR-5800
クランク:SHIMANO FC-5800-L 50/34T
スプロケット:SHIMANO CS-5800 11-28T 11速
タイヤ:MAXXIS 700×25C
ホイール:SHIMANO WH-6800 ULTEGRA

Khodaa-Bloom Farna SL-ULTEGRAの解説

IMG_20160312_132217

Farna 700よりもレース志向のロードバイクがFarna SL。ジャンルはFarna 700シリーズとは違い、レーシングロードバイクとなっている。

Farna SLのフレームは、素材にEAST SL6011Aトリプルバテッドアルミ素材を採用。Farna700よりも軽量な素材を採用しているようだ。車体設計は前傾姿勢ぎみでリアセンターが短いレーシングロードバイクで、直進安定性よりもクイックな走りを重視しているようだ。

コンポネートはアルテグラ。ホイールとタイヤはFarna700と同じアルテグラホイールとMAXXISタイヤを採用している。

フレーム:AL6011 EAST-SLアルミフレーム
フロントフォーク:フルカーボン 1-1/8 ~ 1-1/4
ブレーキ:SHIMANO ULTEGRA BR-6800
クランク:SHIMANO FC-6800 52/36T
スプロケット:SHIMANO CS-5800 11-28T 11速
タイヤ:MAXXIS 700×25C
ホイール:SHIMANO WH-6800 ULTEGRA

発進や加速はFarna SLのほうが良い

Farna700-105とFarna SLは、同じシマノのアルテグラホイールにMaxxisのタイヤを採用しているので、走りの違いはフレームの違いだと分かるレベルになっている。

ギア比はFarna SLのほうが重いはずなのに、同じギア比の場合、Farna SLはFarna700よりも軽く発進する。レースみたいに俊敏性を求める人はFarna SLが良いだろう。

乗車姿勢はFarna700-105の方が前傾姿勢は緩い

前傾姿勢が緩いFarna700は、乗車姿勢がFarna SLより楽で乗りやすい。前傾姿勢での疲労の蓄積は700のほうが少なく、普通の人がロードバイクでサイクリングするのなら700が良いだろう。

直進安定性・乗り心地が良いのはFarna 700

直進安定性が高いのは700。レーシング仕様のSLよりも安定感が高くて、乗りやすく運転に集中できる。また、乗り心地も700が良い。サドルはFarna SLよりもやや厚めだが(それでも薄いほうだ)リア三角部分が乗り心地が良いようにした設計となっている効果があるのか、路面からの突き上げはFarna 700のほうが良い。もっともクロスバイクと比べたらクロスバイクのほうが良い。

レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの違いは大きい

レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクと分かれているロードバイクの世界だが、レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクでは大きな違いがある。レースを行わない人がロードバイクを買うのなら、経験者や乗りこなす楽しみ等の明確な理由がある人を除いて、普通ならレーシング仕様ではなく、エンデュランス仕様のロードバイクを選ぶのが無難だろう。

因みに、自分がFarna SLとFarna 700のどちらかを選べと言われたらFarna700を選ぶだろう。Farna700のほうが乗り心地が比較的良く前傾姿勢も比較的緩く、直進安定性も比較的高いため公道で走るのならFarna700のほうが良いと思うからだ。

特別特集(PR)

東京・青梅にある自転車の発着基地がCycleTripに登録した理由とは?

個人間スポーツ自転車シェアリング「CycleTrip」は、個人ユーザーだけでなく、多くのレンタサイクル店も登録している。その1つが、東京・青梅にある「サイクルハーバー」だ。サイクルハーバーでは、ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車のレンタサイクルから、スポーツ自転車の預かりにカフェ等を行っている“自転車の発着基地“だ。なぜ、サイクルハーバーが「CycleTrip」に登録を行ったのかインタビューを実施した。 -サイクルハーバーは、レンタサイクル以外も行っているとのことですが、具体的な内容を教えて ...

ReadMore

自転車盗難防止システム「AlterLock」をインプレッション

自転車生活を送るうえで大きな問題なのが盗難だ。高性能なスポーツ自転車や電動アシスト自転車は快適に長距離走行できるが、高価で盗まれやすいため、気軽にサイクリングを楽しめない。盗難防止を行う場合、最初に思い浮かべるのが頑丈な鍵を装着する方法だろう。頑丈で破壊しにくい鍵を装着するのは、盗難防止を行う上で基本でもある。しかし、このような鍵は重くて、持ち運びにくい欠点がある。 そこで近年は、IoT技術を活用し、鍵と併用することで盗難防止効果を狙った物が登場している。その中でも、注目されているのがAlterlockだ ...

ReadMore

【自転車漫画】「サイクル。」でわかる!自転車盗難防止システム「AlterLock」

Twitterやinstagramで公開され、シクロライダーでも紹介している漫画「サイクル。」。高校1年生の主人公「三色団子」(みいろまるこ)が、「三色茶屋」という団子屋を拠点に、自転車友達と自転車ライフを楽しみ、自転車にまつわる話が満載の大人気連載中WEB4コマ漫画だ。今回は、話題の自転車盗難防止システム「Alterlock」とのコラボレーションを実施! 登場人物紹介       「AlterLock サイクルガードサービス」は振動検知アラーム + GPS + 通信機能を搭 ...

ReadMore

 

-すべての記事, ロードバイク, 自転車試乗・インプレッション
-,

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.