レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの違い Khodaa Bloom Farnaシリーズ編

ロードバイクの世界では様々なジャンルに分かれている。一番わかりにくいのがレーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの2ちで、レーシングロードバイクは競技用のロードバイクなのに対して、エンデュランスロードバイクは、レーシング用ロードバイクよりも長距離を快適に走れるロードバイクとなっている。

この違いがどれだけ違うのか実際に乗らないとわからない。今回、ワイズロード東大和の試乗イベントでレーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの2台を試乗することができたのでまとめてみた。

Khodaa Bloom Farna 700-105の解説

IMG_20160312_130724

Khodaa-BloomのロードバイクではエントリーモデルのFarna 700シリーズは、低価格ながら装備が充実しているのが特徴。フレームはEAST-L6011アルミ素材を採用し、パイプ内部を三段階に細かく薄くするトリプルバテッド加工を採用し、溶接部分を滑らかにしているスムーズウェルディング加工を行っている。

フレームの設計はロードバイクの中では前傾姿勢になりにくく、直進安定性を重視している設計のエンデュランスロードバイクタイプだ。

部品は殆どの部分でシマノ105を採用し、ホイールはシマノ105よりも一ランク上のアルテグラを採用しているなど、16万円で買えるロードバイクとしては贅沢な部品構成となっている。

フレーム:AL6011 EAST-Lアルミフレーム
フロントフォーク:カーボン 1-1/8 ~ 1-1/4
ブレーキ:SHIMANO 105 BR-5800
クランク:SHIMANO FC-5800-L 50/34T
スプロケット:SHIMANO CS-5800 11-28T 11速
タイヤ:MAXXIS 700×25C
ホイール:SHIMANO WH-6800 ULTEGRA

Khodaa-Bloom Farna SL-ULTEGRAの解説

IMG_20160312_132217

Farna 700よりもレース志向のロードバイクがFarna SL。ジャンルはFarna 700シリーズとは違い、レーシングロードバイクとなっている。

Farna SLのフレームは、素材にEAST SL6011Aトリプルバテッドアルミ素材を採用。Farna700よりも軽量な素材を採用しているようだ。車体設計は前傾姿勢ぎみでリアセンターが短いレーシングロードバイクで、直進安定性よりもクイックな走りを重視しているようだ。

コンポネートはアルテグラ。ホイールとタイヤはFarna700と同じアルテグラホイールとMAXXISタイヤを採用している。

フレーム:AL6011 EAST-SLアルミフレーム
フロントフォーク:フルカーボン 1-1/8 ~ 1-1/4
ブレーキ:SHIMANO ULTEGRA BR-6800
クランク:SHIMANO FC-6800 52/36T
スプロケット:SHIMANO CS-5800 11-28T 11速
タイヤ:MAXXIS 700×25C
ホイール:SHIMANO WH-6800 ULTEGRA

発進や加速はFarna SLのほうが良い

Farna700-105とFarna SLは、同じシマノのアルテグラホイールにMaxxisのタイヤを採用しているので、走りの違いはフレームの違いだと分かるレベルになっている。

ギア比はFarna SLのほうが重いはずなのに、同じギア比の場合、Farna SLはFarna700よりも軽く発進する。レースみたいに俊敏性を求める人はFarna SLが良いだろう。

乗車姿勢はFarna700-105の方が前傾姿勢は緩い

前傾姿勢が緩いFarna700は、乗車姿勢がFarna SLより楽で乗りやすい。前傾姿勢での疲労の蓄積は700のほうが少なく、普通の人がロードバイクでサイクリングするのなら700が良いだろう。

直進安定性・乗り心地が良いのはFarna 700

直進安定性が高いのは700。レーシング仕様のSLよりも安定感が高くて、乗りやすく運転に集中できる。また、乗り心地も700が良い。サドルはFarna SLよりもやや厚めだが(それでも薄いほうだ)リア三角部分が乗り心地が良いようにした設計となっている効果があるのか、路面からの突き上げはFarna 700のほうが良い。もっともクロスバイクと比べたらクロスバイクのほうが良い。

レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクの違いは大きい

レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクと分かれているロードバイクの世界だが、レーシングロードバイクとエンデュランスロードバイクでは大きな違いがある。レースを行わない人がロードバイクを買うのなら、経験者や乗りこなす楽しみ等の明確な理由がある人を除いて、普通ならレーシング仕様ではなく、エンデュランス仕様のロードバイクを選ぶのが無難だろう。

因みに、自分がFarna SLとFarna 700のどちらかを選べと言われたらFarna700を選ぶだろう。Farna700のほうが乗り心地が比較的良く前傾姿勢も比較的緩く、直進安定性も比較的高いため公道で走るのならFarna700のほうが良いと思うからだ。

今、話題の記事

カーボンホイールの宅配試乗貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」開始

総合自転車メーカーのホダカは2月19日、自転車コンポーネントブランド「P&P COMPONENTS (ピーアンドピー コンポーネンツ)」から、ホイール購入を検討している方を対象とした、宅配による試乗ホイール貸出サービス「P&P COMPONENTS デリバリーテストライド」を開始すると発表した。 今回、イベント開催が難しい中、ホームページやカタログなどを通して製品に興味を持ち、実物の使用感を確認してから商品を購入したいという声に応えたサービス。試乗ホイール宅配貸出サービスでは、 ご自身のバイク・フィールドを使って3週間テストできる。サービス対象製品第1弾はマウンテンバイク用カーボンホイール「WH-C1600M」となる。 WH-C1600M は軽量・高剛性なカーボンリムを採用することで、29インチBOOST 規格のホイールとしては軽量な 1,625g を実現したMTB用カーボンホイール。最初からチューブレスリムテープが貼り付けており、チューブレスタイヤの装着が用意だ。 フリーボディはSHIMANO MicroSplineを採用し、別売りオプションでSHIMANO HG、SRAM XD Driver に交換可能。希望小売価格は9万900円(税抜)。 サービス開始を記念して、試乗ホイール宅配サービスを利用した後でWH-C1600Mを購入した人に、P&P COMPONENTSのパーツ・アクセサリーをプレゼントする。 サービス概要  貸出製品 マウンテンバイク用カーボンホイールWH-C1600M ※貸出はホイールのみです。ディスクローター(センターロックタイプ)、スプロケット、タイヤ等は別途ご用意ください。 応募期間 2021年2月20日(土)から随時 貸出期間 発送から3週間 応募条件...

自転車用縦・横両用室内スタンド「A01V Special」に新色追加 ブラック・ホワイト・レッド・チェレステの4色

丸八工機は2月15日、縦・横両置き出来るディスプレイスタンド「A01V Special」に要望の多かった4色を新たに販売すると発表した。 「A01V Special」は、A01Vの、タイヤが壁にも床にも当たらない事で部屋を汚さないと基本コンセプトを踏襲しつつ、保持力・利便性・使用可能バイクを改善したモデル。調節可能な樹脂パーツで、バイクを縦にも横にも保管でき、ロードバイク、マウンテンバイク、セミファットバイク、Eバイクまで幅広い車種に対応。リムストッパーを左右どちらにでも付け替え可能で、設置場所を選ばないのが特徴だ。 今回、新たに追加されたカラーはブラック、ホワイト、レッド、チェレステの4色。価格は1万3500円(税抜)。 https://youtu.be/AK4JVfOdGl4 関連リンク 丸八工機

THIRDBIKESから手軽に乗れる街乗りスポーツ自転車「SUPERSONIC」登場

総合自転車メーカーのホダカは2月11日、スポーツバイクブランド「THIRDBIKES (サードバイクス)」から、街乗り向け低価格クロスバイク「SUPERSONIC (スーパーソニック)」を発売した。 SUPERSONICは細身のフレームに、街乗りで必要なスタンドやバッテリーライトを装備した量販店向けのクロスバイク。車体色はレッドとダークブルーが単色でシンプルなもの加え、サイケデリックシルバーはシルバー地にカラフルな色やカタカナを取り入れた個性的なデザインとなっている。また、自転車業界の自主基準である BAA (一般社団法人自転車協会認証) を取得している。 適応身長は160センチメートルからで、カラーはサイケデリックシルバー、レッド、マットダークブルーの3植。重量は13.8キロ。付属品はベル、LEDバッテリーライト、リフレクター、キックスタンド、バルブアダプター、ペダル。取扱店舗は全国の自転車専門店、大手ホームセンター、家電量販店。価格は2万4000円(税抜)。 関連リンク THIRDBIKES

自転車漫画関連

【自転車漫画】「サイクル。」電子書籍版まとめ

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。TwitterやInstagramで公開されている漫画や、シクロライダーでまとめた漫画だけでなく、電子書籍(Amazon Kindle)で読むことも可能だ。今回は、Kindleで販売されている「サイクル。」の漫画を紹介しよう。 4コママトメズン/SNSマトメズンシリーズ 「サイクル。」の電子書籍の中で、「4コママトメズン」と「SNSマトメズン」は、TwitterやInstagram上で公開された漫画を電子書籍でまとめている。紙媒体に近い状態で読めるため、自然な感覚で読めるだけでなく、描きおろしを巻末に入れているのも特徴だ。1~4巻までは、4コマ漫画の形式を採用している。 5巻目からの「SNSマトメズン」は、表現手法を普通の漫画に変えて再スタートした電子書籍。普通の漫画に変わったため、電子書籍のほうがより見やすくなった。こちらも巻末に描き下ろしの漫画が用意されている。 「サイクル。」電子書籍オリジナル版 「サイクル。」には、SNS上で公開された漫画だけでなく、電子書籍限定のオリジナル漫画も用意されている。 「ゲンカイギリギリ30min」は、ナイトロバンビ達がシクロクロスレースに挑戦する漫画。実際にシクロクロスレースを観戦している雰囲気になる漫画だ。 「まるちゃんホイールを買う?」は、ナイトロバンビたちが、入りびたる峠の茶屋「三色茶屋」での日常の一コマを描いた漫画。ナイトロバンビたちがホイールについて語るあるある話をまとめている。 「ナイトオブザともちゃん: エピソード番外編 サイクル。」は、自転車から外れた外伝的漫画。「サイクル。」で登場するともちゃん(桜井朋美)が家で一人でいる時にアレに出会ってしまうエピソード。 「サイクル。: 第一話 まるちゃん自転車を買う」は、サイクル。の始まりを新たに描き下ろした漫画。4コマ時代と比較するのも面白いだろう。 https://www.cyclorider.com/archives/23758

【自転車漫画】みんなでヒルクライムにチャレンジ(中編)「サイクル。」Part44

レンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」。今回は、ヒルクライムチャレンジの中編をお届けします。   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】みんなで登ってみた7 1/2 がんばれともちゃん! #イラスト #漫画 #マンガ #自転車漫画  #自転車 #自転車女子 #サイクリング  #サイクリング女子 #ロードバイク #ロードバイク女子 #ロードバイク漫画 #ロードバイク乗り  #illustrations #コミック #ヒルクライム  #葡萄坂 五十嵐英貴(@rengokulab)がシェアした投稿 - 2020年 4月月14日午前1時53分PDT   この投稿をInstagramで見る   【サイクル。】みんなで登ってみた7 2/2...

【自転車漫画】ロードバイクは買ったあとも色々大変!?「サイクル。」Part3

作者のレンゴクさんがTwitterやInstagramで公開している人気の自転車漫画「サイクル。」を紹介するコーナー。Part2ではロードバイクを購入する時のあるあるネタが満載だった。 https://www.cyclorider.com/archives/23348 https://www.cyclorider.com/archives/23443 Part3は、ロードバイクを購入した後の自転車あるあるネタ。いきなり車道を走り怖い思いや、ロードバイクだけでなくスポーツサイクル乗りなら一度は経験する事まで、様々な”あるある”(一部はあるあるでは困るのもありますが)が続きます。 三色団子ちゃん 団子ちゃんの車道デヴューはほろ苦い感じに。#漫画 #ロードバイク女子 #ロードバイク #自転車 #イラスト #4コマ漫画 #面白かったらRT pic.twitter.com/A82iDis2hf — レンゴク@サイクル。 (@rengokuH) 2017年7月11日 三色団子ちゃん 無事じいちゃんの所までたどり着きました #耳鼻科 #ギャグ漫画 #日常 #漫画 #ロードバイク #ロードバイク女子 #サイクリング #イラスト #コミック #自転車 #4コマ漫画...