カーボンフレームのロードバイクの積載量は2.3kgという驚愕の事実

大型のバッグを荷台を装着せず車体に直接装着する自転車ツーリングスタイル「バイクパッキング」が流行している。バイクパッキングの一番の利点は車体に直接バッグを付けるため、荷台が要らないこと。最近のロードバイクは荷台の装着を想定していないモデルが多い。

荷台を装着しなくても荷物を積むことができるバイクパッキングは、カーボンフレームのロードバイクで行う人たちもいるが、フレームの積載重量を知っている人は少ないと思う。

スペシャライズドの英語版の取扱説明書には、それぞれの自転車ごとに使用条件や積載重量が書いてある。

スペシャライズドの英語版取扱説明書(PDF)

取扱説明書によるとAllezなどのハイパフォーマンスロードバイクは、フレームに荷台が装着できる場合の積載重量は25kg。荷台が装着できず非カーボンフレームの場合の積載重量は14kgとなる。

一番気になるカーボンフレームの場合の積載重量だがなんと2.3kg。これはコンディション2相当のカーボンフレームの自転車(クロスバイクなど)でも同じだ。因みにハイパフォーマンスロードバイクはフロントの積載については項目すらない。またコンディション2相当の自転車でもフロントフォークに荷台装着用の台座が無い場合の積載量は0kgとなる。

正直、カーボンフレームの自転車だからといって10kgぐらい荷物を積むことができると思っていたが、これほどまで積めないとは思わなかった。

因みに、この積載重量はブランドによって異なる。スペシャライズドは非カーボンフレームなら15kg積めるため比較的良いが、キャノンデールはロードバイク全車とも4.5kgグラムしか積めない。GIANTのハイパフォーマンスロードバイクは僅か1.5kgと、自転車自ら泊りがけの長距離ツーリングを拒否しているようにすら感じてしまう。

よくカーボンフレームのロードバイクにバイクパッキングを行いロードバイクで旅を行えるみたいに書いているところが多いが、ロードバイクの本質は荷物を装着することができない自転車だと思えばいい。競技用のロードバイクに荷物を付けるのはできるだけ行わないほうが良いだろう。またバイクパッキングを行うのなら競技用自転車ではなく、公道用自転車で行うのがベストだと思う。

スポンサーリンク