au損保

すべての記事

au損保が東京都在住の会社員を対象に自転車通勤の実態を調査 自転車通勤をしてみたい理由や困る事などを紹介

au損害保険(以下、au損保)は6月5日、東京都在住で週1回以上自転車を利用している会社員を対象に、自転車通勤の実施率やその実態を調査、発表した。 環境に優しい、交通渋滞緩和だけでなく、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、新たなメリットが見いだされている自転車通勤。政府から発表された「新しい生活様式」では、いわゆる「三密(密閉、密集、密接)」を避けるため、公共交通機関と徒歩や自転車の併用が示されている。また、国土交通省は2020年4月3日、自転車通勤を推進する企業・団体を認証する制度「『自転車通勤推 ...

no image

ニュース

au損保が東京都の自転車事故に関する調査を実施 自転車保険加入義務化の認知・加入率はどの位か

au損害保険株式会社(以下、au損保)は、2020年4月より東京都ではじまる自転車保険加入義務化を前に、東京都在住で月に1回以上自転車を運転する方1,000名を対象に、自転車事故に関する調査を実施した。 自転車事故の増加に合わせ、近年では、自転車事故により多額の賠償を請求される事例も出てきている。2015年10月に兵庫県で初めて自転車保険加入が義務化されて以降、大阪府、滋賀県、鹿児島県、埼玉県、京都府、神奈川県、長野県、静岡県などでも自転車保険の加入が義務付けられており、この4月には東京都をはじめ、愛媛県 ...

no image

ニュース 保険

困ったときに駆け付ける「自転車ロードサービス」 au損保が最新の利用実態を公表

au損害保険(以下、au損保)は、自転車向け保険に付帯する「自転車ロードサービス」の利用実態を調査した。 au損保が提供する「自転車向け保険」は、パンク等で自走できなくなった際、50km以内の希望の場所まで自転車を無料搬送する「自転車ロードサービス」が付いている。「一番利用されている時間帯は?」「どんな故障で呼ぶの?」などが分かる、最新の利用実態を公表した。 【調査概要】※au損保調べ ・n=母集団のデータの数 ・本調査の構成比は小数点第2位以下を四捨五入しています。 ■本調査 ・調査対象:2018年10 ...

no image

ニュース

au損保が2年連続で自転車保険加入率を調査 2019年度に義務化した地域の加入率は増加へ

au損害保険(以下、au損保)は、全国の男女20,503人を対象に、自転車保険加入状況の全国的な実態調査を昨年度に続き実施した。自転車事故の加害者に高額な賠償請求を命じる判決が複数出ていることを受け、自転車保険への加入を義務化する条例を設ける自治体が増えており、2019年度には神奈川県などの4つの自治体で義務化され、2020年4月には東京都など3つの自治体での義務化が予定されている。 2018年度に各県ごとの自転車保険の加入状況を調査したところ、多くの反響をいただき、本年度も調査結果を公表した。以下プレス ...

ニュース

au損保が電動アシスト付自転車の利用実態調査を実施 選ぶ基準や故障対応に関しての調査も

au損害保険(以下、au損保)は、全国の自転車を利用している男女を対象に、電動アシスト付自転車の保有率やその利用実態を調査した。近年人気が高まる電動アシスト付自転車。自転車保険を取り扱うau損保が、「どれくらいの人が電動アシスト付自転車を持っているの?」「選ぶ基準は?」などを調査した。以下、プレスリリースから   ●電動アシスト付自転車の保有率は17.3% 自転車を保有している5,752名に、その車種を尋ねたところ(複数回答可)、電動アシスト付自転車の保有率は17.3%となりました。なお、201 ...

Copyright© シクロライダー , 2020 All Rights Reserved.