ストリートウェアブランド「Maharishi」とドイツのアウトドア用品メーカー「HEIMPLANET」がコラボしたテントが登場

ロンドンを拠点とするストリートウェアブランド「Maharishi」とドイツのアウトドア用品メーカー「HEIMPLANET」が、特別デザインのDPMゴールデンタイガーストライプカモフラージュのコラボレーションモデルをリリースします。

Maharishiは自然界に存在する模様や構造をデザインに取り入れ、HEIMPLANETも自然から新しい視点を取り入れて新しいデザインを開発。また、軍事的な実用性に重きを置いたデザインに平和主義的なアプローチを取り入れ、迷彩柄を自然や芸術の象徴として表現し、自然を尊重しながらテクノロジーを活用しています。

コラボレーションテントは、Maharishiが再現した1960年代のベトナムで生まれた「ゴールデン・タイガースキン」の迷彩柄を内部に使用し、HEIMPLANETのアイコン的モデル「THE CAVE」を採用しています。フライシートはオリーブグリーンを基調としたカラーを使用し、ジオデシックドーム構造を採用したテントは過酷な環境でも使用することができます。また、インフレータブル構造により1分以内で設営できるので、あらゆるアウトドアシーンや冒険に最適なパートナーとなることでしょう。

この限定版テント「HEIMPLANET x Maharishi limited edition THE CAVE」は、6月8日からHEIMPLANETの公式サイトで販売され、価格は187,000円(税込)です。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img