Thömus Swissrider 重量僅か11キロ台の軽量Eバイクが登場

スイスの自転車ブランドThömus(テムス)は、ロードバイク、クロスバイクタイプのEバイク「Thömus Swissrider」を発表しました。

 

Thömus Swissriderは、軽量なカーボンフレームと、外見からはわからない革新的なマクソンBikedrive Airドライブシステムが特徴の軽量Eバイク。車体重量はわずか11.5キロと軽量なのが注目されています。

搭載されているドライブユニットは、同社が2022年に発表した特に軽量なEマウンテンバイク「Lightrider E Ultimate」にも採用されており、トルクは30Nm(ピーク40Nm)で、250Whから426Whまでの各種バッテリーを搭載できるほか、オプションで250Whのレンジエクステンダーも用意されており、合計676Whを搭載することが可能です。

Thömus Swissriderは、トップチューブに埋め込まれた操作・表示ユニットが付属し、アプリとの接続も可能で、ユーザーに様々な便利機能を提供します。このバイクモデルは、12段変速とストレートハンドルのEアーバンバイクが4,750ユーロから、レーシングハンドルと電動変速機(Di2ギア)を搭載したEロードバイクが5,750ユーロから用意されています。また、幅広のタイヤに交換することでグラベルバリエーションにカスタマイズすることも可能で、バリエーションに応じて泥除けや荷台を装備することができます。

Thömus Swissriderの日本での発売は不明です。

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img