4月から生活行動は大きく変わる?『自転車ヘルメット着用努力義務化』への調査が公開

株式会社スコープは3月8日、2023年4月1日からスタートする「自転車用ヘルメット着用努力義務化」に関する意識・行動について、株式会社スコープのデータマーケティングセンター(DMC)が調査を行った結果が発表されました。

今回の調査から、自転車利用者のヘルメット着用に対する意識は低く、着用意向もごく僅かであることが分かりました。調査によると、着用に対する心配事やネガティブな要素、買い物行動に影響が出る兆しが見られるという結果も出ています。

調査では、以下のような結果が報告されています。

  • 9割の人が自転車用ヘルメットは普及しないのではと回答。
  • 努力義務であることに加え、髪型の乱れや盗難などが普及の妨げ要因に。
  • 年代により必要性への理解や今後の意向が大きく異なり、日々の買い物行動にも影響が出る兆しあり。

調査結果から、ヘルメットの普及には時間がかかることが予想されます。しかし、ヘルメットの必要性は理解している人が多く、今後社会全体の空気の変化や啓発活動の強化によって、ヘルメットの普及が一気に広がる兆しが見えます。普及に応じて、日々の買い物の行動にも変化が起こると考えられ、この変化への対応は新たな集客・売上向上のチャンスになりうると期待されます。

自転車の利用者にとって、安全に走行するためにはヘルメットの着用は欠かせないものですが、調査によって着用に対する意識や行動についての課題が浮き彫りになりました。

詳しい内容は【緊急レポート】4月から生活行動は大きく変わる? 自転車ヘルメット着用努力義務化への意識・取り組みを徹底調査! | 株式会社スコープ (scope-inc.co.jp)で公開されています。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img