西日本鉄道 九州初の自転車を載せるバス「サイクルバス」を導入

西日本鉄道は、自転車を分解せずに運べる専用バス「CYCLE CARGO」を2023年4月から運行開始すると発表しました。

新型コロナウイルス感染症で、混雑を避けるための交通手段としてだけでなく、環境のための便利なアウトドアレクリエーションとしても人気が高まっています。自治体によるサイクリングツーリズムの推進や同社による「サイクルトレイン」の導入、九州各地で行われる「ツール・ド・九州」サイクルロードレースなど多くのサイクリングイベントが開催される予定です。

同社は、自転車需要の高まりに対応するため、既存の貸切バスを改造した「サイクルバス」を導入。車両の導入にあたっては、「福岡県サイクリングツーリズムによる新たな旅行需要創出支援交付金」を活用して製作を実施しました。

車両は前部に自転車積載を、後部に座席を有し、分解せずに最大18台の自転車を運ぶことができ、21人の乗客を乗車することができます。

「CYCLE CARGO」は、九州各地で開催される自転車レースでの選手の輸送や、旅行会社や自治体と連携した長距離サイクリングツアーへの活用が期待されています。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img