Alternative Bicyclesからequipt「サーディン」登場 スティック状で38グラムの超軽量携帯工具

Alternative Bicyclesは、equipt「サーディン」を発表した。2022年11月中旬からの発売となる。

サーディンの特徴はスティック型の形状を採用し、重量38グラムと軽量なのが特徴。ツールビットはヘックスの6,5,4,3とトルクスのT25のみと、自転車で走行している時に頻繁に使う部分のみを採用。一般的な携帯工具で採用されているチェーンカッターなどは搭載しておらず、使いやすさを売りにしている。

自転車用携帯工具では珍しいスティックタイプのサーディンは、ビットが回転する構造を採用。一般的な自転車用携帯工具では、別のビットを使用する場合は、一旦ビットを戻して別のビットを使用するしかないが、サーディンの場合はビットが回転するため、瞬時に別のビットを使用することができる。また、縦状態でクルクルと速回ししたあとは、瞬時に直角にしてトルク締めを行うことができる。

価格は7400円。車体に装着するホルダーは別売りで1500円。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img