富士急行「富士急行線サイクルトレイン」 を9月26日より本格導入を発表

富士山麓電気鉄道は9月22日、自転車やロードバイクと一緒に電車に乗ることができるサービス「富士急行線サイクルトレイン」を、2022年9月26日(月)より本格導入すると発表した。

サイクルトレインは、自転車を専用の袋に入れて持ち込むいわゆる輪行ではなく、電車にそのまま自転車と一緒に乗車できるサービス。

同社は、東京2020オリンピック自転車競技ロードレースのコースとなった山中湖をはじめ、富士五湖周辺はサイクリストの中でも年々人気が高まっているのに注目し、サイクルトレインの運行を通して、鉄道利用による新たな移動手段の選択肢を提供することで、富士五湖観光のさらなる活性化や、沿線地域の買い物などにおける日常生活の利便性向上を目指しているとのこと。

富士急行線では、今回の本格導入に向けて2021年6月から9月まで実証実験を行い、期間中にアンケートや意見をもとに検証を実施。その結果をもとに、乗降駅や利用可能時間を拡大して本格的にサービスを開始する。

期間は2022年9月26日から通年(※利用除外日を除く)。区間は富士急行線「大月~河口湖間」。乗降可能駅は上大月・禾生を除く全16駅。特急列車(富士回遊、富士山ビュー特急、フジサン特急)及びJR線直通列車(河口湖10:40発高尾行き、土休日は河口湖5:49発・6:15発東京行きと大月8:19発河口湖行き)は利用できない。また、沿線祭事開催日、周辺コンサート開催日、年末年始、ゴールデンウィーク、お盆期間、長期連休(3日以上)等、多客が見込まれる日程は除外日となる。

料金は無料で普通運賃のみで利用可能。持込車両は大月~富士山間での大月方1両(1号車)のみ。台数は1列車最大8台で、持込可能台数は一人1台まで。

また、サイクルトレインの本格導入にあわせて、9月23日(金・祝)から11月26日(土)の土休日(※除外日あり)は、大月~河口湖を1往復する臨時列車『富士山サイクル号』を運行する。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img