スポーツカーメーカーのポルシェ 独自設計のモーターを搭載したE-Bikeの開発を発表

ポルシェは8月1日、E-Bike分野での活動を強化するため、ポルシェとオランダのPonooc Investment B.V.が設立した2つのジョイントベンチャーが営業を開始すると発表した。

ミュンヘン近郊のオットブルンを拠点とするポルシェeBikeパフォーマンスGmbHは、モーター、バッテリー、接続ソリューションに必要なソフトウェアアーキテクチャを開発する。シュトゥットガルトに拠点を置くP2 eBike GmbH – powered by Porscheは、これらのドライブシステムを使用して、2020年代半ばまでに新世代のポルシェE-Bikeを発売する予定だ。

Fazuaのコンパクトドライブシステムに加え、ポルシェeBikeパフォーマンスGmbHは、ポルシェのブランド名で特に強力なE-Bikeドライブシステムを開発、生産する予定。両製品カテゴリーは今後、世界中のE-Bikeメーカーに供給され、新しく設立された合弁会社は技術パートナーとして機能する。

ここ数カ月でポルシェは、E-Bike分野の複数の企業の株式を取得した。クロアチアのE-BikeブランドであるGreypや、軽量E-Bike用ドライブユニットで有名なFazuaなどが知られている。また、同社は今後、ポルシェeBikeパフォーマンスGmbHに統合される予定とのこと。

そして、合弁会社の活動とは別に、ポルシェは長年のパートナーであるRotWildと、現行のE-Bikeモデルの開発を継続している。2021年3月に、ポルシェはRotWildとの共同開発でeBike SportとポルシェeBike Crossを実施。さらに、ポルシェ デジタルGmbHは、サイクリングに関するデジタルサービスのためのプラットフォームをCyklærブランドで提供している。

関連リンク

ポルシェ https://www.porsche.com/germany/

関連記事

新着記事

spot_img