熱中症対策で注目のネッククーラー PCM素材採用モデルをピックアップ

熱中症対策の1つで有名なのがネッククーラー。主に首を冷やすためのアイテムで有名です。なぜ首を冷やすのかと言うと、首には太い血管が通っており、冷やすことで血液の温度が下がり、全身を効率よく冷やせるためで、現代では、様々なネッククーラーが販売されています。

数あるネッククーラーの中でも、近年注目されているのがPCM素材を採用したネッククーラー。

PCM素材はパラフィン類を使用したマイクロカプセルで、熱を繰り返し吸放出する特長がある。固体・液体へ相変化する場合に潜熱を放出、固体を加熱するときに融解熱を吸収し、液体を冷却すると凝固熱を放出する原理で、蓄熱蓄冷作用が発生します。

PCM素材を採用したネッククーラーは、28℃まで凍った状態を保つため、冷たさが持続し負担なくクールダウンできるとのこと。そのため、川や蛇口の水に当てる、クーラーが付いている場所で保管を行うなど、28℃以下の環境であれば、自然に凍らせることができるとのことです。また、過度に冷却しないため、結露せず肌へのダメージが少ないようです。

今回はPCM素材を採用したネッククーラーを紹介します。

COOlly

クールネック「COOlly|クーリイ」は、スペースエイジのネッククーラー。28度で凍る「PCM」を使用したネッククーラー。最大約120分冷たさをキープし心地良い温度で首を効率的に冷やすと謳っています。

カラーリングはブルー(ドット柄)、ホワイト(ペイズリー柄)の2種類を用意。サイズはMサイズとLサイズの2種類を用意。6月13日に予約開始、7月25日より順次発送。価格は980円(税込、以下同)。

関連リンク

COOlly https://coolly.jp

ICE RING

ICE RINGは、F・O・インターナショナルが製造するPCM素材ネッククーラー。2021年に4万個を完売したヒット商品で、2022年では、サイズやデザインを拡大し、大人から子供、ペットまで利用できるラインナップで展開する。

また、デザインは全て刷新し、デザイン数も昨年から6種類増やし22種類のデザインで展開。幅広い人に利用できるラインナップを揃えています。価格は2750円から3410円まで。

関連リンク

ICE RING https://fo-online.jp/content/icering/

28度で凍ると謳うPCM素材採用のネッククーラー。屋外での使用は最大で2時間程度と、長時間の使用は難しいですが、28度で凍る特性を利用して、凍らせたペットボトル飲料と保冷バッグを活用して、対策を考えてみるのも良いでしょう。

関連記事

新着記事

spot_img