あさひ MTBレース「DOWNHILL SERIES」実行委員会との2022年度オフィシャルパートナー契約締結

あさひは5月26日、日本各地で全7戦のマウンテンバイクのダウンヒル競技「DOWNHILL SERIES(ダウンヒルシリーズ)」を主宰運営する、DOWNHILL SEREIS実行委員会と、オフィシャルパートナー契約を締結した。

これまで公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)が「JCF公認 Coupe du Japon MTB(クップ ドュ ジャポン)」内で、マウンテンバイクのダウンヒル競技を運営してきた。

しかし、レース開催地の問題等によりJCFが公認するダウンヒル競技の開催予定が決定していない問題があったが、2022年度よりDOWNHILL SERIESが年間を通して開催するマウンテンバイクのダウンヒル競技が、公益財団法人日本自転車競技連盟の公認するレースとなり、公認レースとしてダウンヒル競技が存続されることとなった。

これにより参加選手はJCFに対して選手登録を行い、DOWNHILL SERIESに出場することで年間のナショナルポイントランキングが決定される。

あさひは今回のスポンサー契約に関して「国内の代理権を有するKENDAタイヤとして、DOWNHILL SERIESとのオフィシャルパートナー契約の締結を通して、国内最高峰のMTBダウンヒルレースをサポートすることで、日本国内における自転車競技の普及と、スポーツ自転車ファンの盛り上がりに寄与したいと考えています。また、このDOWNHILL SERIESから世界で活躍できる選手が育っていくことを期待しています」とリリースで述べている。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img