スペシャライズド、元ダイソンCOO「スコット・マグワイア」を最高経営責任者に任命

スペシャライズドは2022年3月16日、同社の創立者兼CEOのマイク・シンヤードが、スコット・マグワイアをCEOに任命したことを発表した。

スペシャライズドは、アメリカのカルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド。ロードバイク、マウンテンバイク、クロスバイク、E-Bikeなどのスポーツ自転車に力を入れており、2013年には業界で初めて自社内に自転車専用の風洞実験施設Win Tunnel(ウィントンネル)を建設し、エアロダイナミクスを追求したことでも知られている。

1974年の創業から48年間リーダーを務めているマイク・シンヤードは、創立者、会長、そしてチーフ・ライダー・アドボケートとして、引き続きブランドのビジョナリーリーダーとして経営に全面的に関与する。

スコット・マグワイアは電気機器メーカーのダイソンに入社し、18年間さまざまなリーダーポジションを務めまた。ダイソンでは、エンジニアリング&オペレーション部門のSVPをはじめ、18年にわたりさまざまな役職を歴任し、最終的にこの二年間は最高執行責任者(COO)を務めてきた。また、グラスゴー大学およびグラスゴー美術学校でプロダクトデザインエンジニアリングの修士号を取得している。

スコット・マグワイアのコメント

「マイクと私は、最初から意気投合していました。私たち2人は勤勉な家庭で育ったので、努力と創意工夫と協力があれば夢は実現するという信念を持っていました。
この尊敬されるブランドを未来に導く機会を得たことに、大きな喜びを感じています。自転車業界でこれほど強力なチームはありません。スペシャライズドのイノベーション・エンジン、製品、流通網は他に類を見ません。私たちは、世界中のライダーにとって重要な製品、体験、サービスを提供し、世界にポジティブな影響を与えるために必要なすべてを備えています。」

マイク・シンヤードのコメント

「私たちの夢は常に「Specialized Forever」を実現することです。つまり、スペシャライズドを私、マイク・シンヤードを含むどの個人よりも長く、永遠に存続させることです。その夢を追求するために、私は自分自身を「創立者、会長、およびチーフ・ライダー・アドボケート」の役割に昇格させ、スコット・マグワイアという理想的なリーダーを採用し、CEOの役割を任せることにしました。私はビジョナリーリーダーであり続け、スコットは私に報告しながらビジネスを運営する責任を負います。」

「私は今、かつてないほどエネルギーに満ちています。スコットが経営に参画してくれたことで、私はライダーにより良いサービスを提供し、彼らが夢にも思わなかったような製品、サービス、体験を提供することに集中できるのです。」

「スペシャライズドが今日あるのは、ライダー、社員、そしてリテーラーの皆様のおかげです。そして学び続けることは、とても重要です。それは常にSPECIALIZED WAY(スペシャライズドの流儀)の一部なのです。私は、スペシャライズドの理想的なリーダーを何年も探してきました。スコットは、デザイン思考、エンジニアリング能力、サプライチェーンの専門知識、オペレーショナルエクセレンスを統合し、顧客と従業員に意味のあるイノベーションを推進することができる完璧な人物です。さらに、スコットは、複雑さの中からシンプルさを作りあげ、多様な人々と文化の強みを結集し活用すると信じています。」

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事