BENELLIから、街乗り向け電動アシスト自転車「mini Loop 20シリーズ」発表 低価格低価格でデザインを重視した街乗りモデル

プロトは3月11日、同社のE-Bike、オートバイブランドの「Benelli」から、mini Loop 20を発表。2022年4月末に発売を予定している。

mini Loop 20は、Benelliの折りたたみ電動アシスト自転車「mini Fold 16」の特徴的なデザインを受け継ぎつつ、街乗り用に特化した電動アシスト自転車。

mini Fold 16の特徴である、内臓バッテリーにフレーム一体型ライトを採用することで、お洒落なデザインを実現。また、フロントカゴ、前後フェンダー、サイドスタンドを標準装備しており、日々の街乗りや通勤にも便利な仕様となっている。

ギアは、mini Loop 20はシングルギア、mini Loop 20+は内装3段変速を搭載。カラーはブリディッシュグリーン ライトブルー ホワイト ブラックの4色。フレームサイズは1540×590。車両重量19.0キロ。タイヤサイズは20インチ。アシストレベルは4段階。

価格はmini Loop 20が9万9000円(税込、以下同)で、mini Loop 20+は11万5390円。

関連リンク

関連記事

編集

Eバイクや電動アシスト自転車、自動車、アクティビティなどを紹介しているWebメディア。「Eバイク事始め 次世代電動アシスト自動車がよくわかる本」が好評発売中。

当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。

spot_imgspot_imgspot_img
spot_img