アドベンチャーワールド シェアサイクル「COGICOGI」を採用し、新たな移動手段を提供

アドベンチャーワールドは2月19日、コギコギとダイセン産業が提供する電動アシスト自転車のシェアサイクルサービスについて、サイクルポートのパーク駐車場内設置に協力すると発表した。料金は半日プランで2310円(税込)から。

以下、リリースから。



コギコギは、民間企業にシェアサイクルシステムを提供するパートナーシッププログラムを開始、1社目のパートナーとして、ダイセン産業と契約を締結し、2022年2月より和歌山県白浜町にて共同でシェアサイクルサービスを開始することとなりました。
自転車での移動は、車だと通り過ぎてしまう店舗やスポットへの立ち寄りが増えると言われており、実際にコギコギが行った過去の調査結果からも同様の傾向がわかっています。今回の白浜の取り組みでは、シェアサイクルによる町内への経済波及効果の測定を行い、持続可能なまちづくりへの貢献度合いの数値化も目指します。白浜町のシェアサイクルは、ダイセン産業が事業主体、コギコギが運営主体、ポート提供パートナーとして、南紀白浜空港、紀陽銀行、アドベンチャーワールドなどが協力しており4ポート15台でスタート、3年間で20ポート100台を目指します。

設置場所:アドベンチャーワールド、JR白浜駅前、白浜バスセンター前、南紀白浜空港

関連リンク

最新記事

spot_img

関連記事