東武トップツアーズ、千葉県東庄町「とうのしょうサイクリングデー」モニターツアー参加者を募集

東武トップツアーズは12月24日、東庄町観光協会主催のもと、千葉銀行と共同で、観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」として、2022年2月6日に千葉県東庄町で開催される「とうのしょうサイクリングデー」のモニターツアー参加者を募集すると発表した。

東庄町は千葉県北東部、銚子市の西隣に位置し、利根川流域の水郷地帯と下総台地にかかる丘陵部からなり、地理的な高低差も少なく、冬でも暖かいことから、年間を通じてサイクリングしながら観光を楽しめる環境にある。町内には田畑や森林、工業地帯と多様な風景が広がる一方、自動車交通量が少ないことから、「気軽に安全なサイクリングができる町」であることをより多くの人にアピールするため、今回「とうのしょうサイクリングデー」と題したモニターツアーを実施することとなった。

本ツアーでは、サイクリング初心者でも参加しやすい全長約25kmのコースを自身のペースで走り、東庄町の自然を楽しめるほか、ツアー中に設ける休憩場所では、地元事業者の協力で企画・開発した、特産のSPF豚を使ったオリジナル弁当や「東庄のイチゴ」のオリジナルスイーツ、軽食を食べることができる。

また、本ツアーに合わせて、自転車をそのまま車内に持ち込むことができる専用列車「B.B.BASE」が、JR両国駅から最寄りのJR笹川駅まで貸切運行。ツアー参加者であれば自転車を所有していない人でも乗車できる。

募集人数は先着80名。申し込みは12月24日より、東庄町観光協会公式LINEアカウント「コジュリンくん」( https://onl.tw/ayG1fLK )にて行う。ツアー参加費用は実証事業のため無料。

関連リンク

 

最新記事

spot_img

関連記事