日本交通の観光タクシーに「サイクリングタクシー」のサービス開始

- Advertisement -

日本交通は11月13日、自宅からサイクリングスポットまで、自転車を搭載して運行する観光タクシー「サイクリングタクシー」を運行開始した。

「サイクリングタクシー」は、一日タクシーを貸し切り、自宅と郊外のサイクリングスポットとを往復するサービス。ワゴンタイプの車両を使用するため、自転車も一緒に搭載して、目的地までゆっくりくつろいで移動できる。

「サイクリングタクシー」を担当する乗務員は、東京観光の専門資格を持つ日本交通のEDS(エキスパート・ドライバー・サービス)観光担当乗務員の中から、さらに自転車整備士の資格を保有するものが選抜され乗務する。サイクリング中のサポート、簡単な修理メンテナンスから、サイクリングコースの提案、観光の相談まで対応可能。

 

運行は土曜・日曜のみで1日あたり1台限定で、霞ケ浦一周サイクリングコース、富士4湖サイクリングコースを用意。また、コース設定はアレンジ可能で、好みや予定に合わせてサイクリングや観光が楽しめるのを売りにしている。

車種はトヨタ・アルファード。自転車搭載のため、客の乗車は1台につき3名までで、搭載する自転車は3台までとなる。積載可能な自転車は、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク等、車両に積載可能なものに限る。

出発地または最終到着地は東京23区・武蔵野市・三鷹市に限る。コースと料金は、富士4湖サイクリングコースで7万5000円から。霞ケ浦一周サイクリングコースが6万6000円から。

各コースとも10時間の所要時間を想定。時間超過の場合は30分毎に2470円の加算が発生する。また、有料道路料金、駐車料金、入館料、食事代等は客の負担となる。EDSホームページまたは電話にて申し込みが必要。ホームページからの申し込む場合、申し込みフォーム「その他」欄に、「サイクリングタクシー希望」と記入が必要となる。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連