BRUNOがカーゴバイクタイプのE-Bikeを公開 子供載せも装着できる多用途なE-Bike

- Advertisement -

2021年7月24日、7月25日に開催されたCYCLE MODE RIDE OSAKA 2021。ダイアテックブースでは、BRUNOブランドのE-Bikeが展示されていた。

BRUNOは小径ホイールを採用したスポーツ自転車を展開している自転車ブランド。主にクロモリ製の素材を採用し、街に合うスタイルを採用したスポーツ自転車を多く展開している。

今回展示されていたのはカーゴバイクタイプのE-Bike。一般的な小径タイプのE-Bikeと比較して、車体後部を長く伸ばしており、大きな荷物を載せることが可能だ。リアキャリアは車体と一体になっている。フレームの素材はアルミ製だろう。ドライブユニットはシマノ製でSTEPS E5080だと思われる。

今回の展示では、車体単体の展示だけでなく、様々なカスタマイズを行ったモデルを展示されていた。カスタマイズを行ったモデルは、ボックスなどを装着したアウトドア仕様と、ウッドバスケットと後子供載せを装着した街乗り仕様を展示していた。重量は具体的な数値は不明だが20キロ前半のようだ。車体価格は現時点では20万円中盤を予定している。公式サイトでは8月以降順次情報を公開するとのことなので、気になる人は要チェックだろう。

関連リンク

- Advertisement -

新規記事一覧

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

自転車漫画関連