パナレーサーとライドエクスペリエンスのコラボツアー 「GravelKing トランス東北ツアー Part I~III」登場

- Advertisement -

パナレーサーと、ライドエクスペリエンスは5月に業務提携契約を締結。第一弾のコラボレート企画として、「GravelKing トランス東北ツアー Part I〜III」を2021年7月から10月の3回に分けて実施することを決定、参加者の募集を開始する。

近年、世界の観光業界における急成長カテゴリーとして、世界的に大きな注目を浴びているサイクルツーリズム。その中でも、パナレーサーのグラベル向けタイヤブランド「GravelKing」シリーズの人気に代表されるように、未舗装路や荒れた路面を含むアドベンチャー要素の強い長距離のロードサイクリングが、世界的に人気を集めているとのこと。

また、ライドエクスペリエンスは、2017年からインバウンド向けに運営を行っている「TRANS-TOHOKU Bike Tour」は、12日間で那須から青森まで東北地方を縦断し、ディープな日本を体験するサイクリングツアーとして、世界中のサイクリストから人気を博していた。(2020 年、2021年はコロナ禍で中止)

欧米では主流の「サイクリングガイドとサポートカーが帯同する少人数制の宿泊付きサイクリングツアー」というスタイルを、日本国内で普及させ、国内のサイクルツーリズム市場のより一層の発展と活性化を図っていくとのこと。

ツアーは、時間と手間をかけリサーチを行った、交通量が少なく景色も雰囲気も良いルートを選択。舗装路を基本としつつ、各パートのところどころでグラベルロード(未舗装路)を織り交ぜているとのこと。

 

そして、全てのツアーでは、経験豊富なサイクリングガイドとサポートカーによるフルサポート付きで、パナレーサーによるタイヤとチューブのサポートも実施。荷物は全てサポートカーに預けて身軽にサイクリングを行うことができる。

Part I〜Part III の3つのツアーの発着地は、東北新幹線の停車駅周辺に設定し、Part III は青森駅で解散。全てのツアーで1泊以上は東北の名湯や秘湯に宿泊する。また、PartI〜III の全てに参加し、完走した人は、パナレーサーおよびライドエクスペリエンスから、特別な記念品の贈呈も行われる。

ツアーでは、パナレーサーの人気グラベルタイヤ「GravelKing シリーズ」の内で、オンロードでの走りの軽さと、グラベルでの走破性を両立したセミスリックモデル「GravelKing SS」1 セットを、ツアー参加者全員に事前に無償提供を実施 (「GravelKing SS」を装着してのツアー参加を推奨)。他にも、「GravelKing SS」タイヤを装着したカーボンディスクロードバイクのレンタルを行う。そして、宿泊先は温泉宿を含めて全て 1 人 1 室利用を前提とする他、感染防止対策を徹底する。

GravelKing トランス東北ツアー Part I〜IIIについて

ツアー名 「GravelKing トランス東北ツアー Part I〜III」
(Part I、Part II、Part III の3つのツアーの総称)

ツアー全体日程・行程

【Part I 那須〜上山】 2021/7/10(土) – 12(月) (総距離 300km)
集合:那須ガーデンアウトレット、解散:かみのやま温泉駅

  • Stage 1 那須 – 会津若松 (110km, 1800mUP)
    那須高原から福島県へ入り、二つの峠と神秘的林道、猪苗代湖を経て会津若松市内へ
  • Stage 2 会津若松 – 飯坂温泉 ‘(110km, 1,800mUP)
    鶴ヶ城と城下町から、磐梯吾妻スカイラインで浄土平の山岳絶景を楽しみ、飯坂温泉へ
  • Stage 3 飯坂温泉 – かみのやま温泉駅 (80km, 1,400mUP)
    深い山々の谷間を縫う林道で県境を越え山形県へ入り、羽州街道の旧宿場街を経て上山温泉へ

【Part II 上山〜角館】 2021/9/18(土) – 20(月・祝) (総距離 310km)
集合:かみのやま温泉駅、解散:角館駅

  • Stage 4 かみのやま温泉駅 – 肘折温泉 (80km, 1,400mUP)
    蕎麦畑広がる里山から国内唯一のグラベル国道で峠を越え、断崖絶壁の霊場を拝み肘折温泉へ
  • Stage 5 肘折温泉 – 象潟 (130km, 1,700mUP)
    最上川の支流を遡り、鳥海山周辺の山間部を抜け、夕陽映える日本海沿いに秋田県・象潟へ
  • Stage 6 象潟 – 角館駅 (100km, 1,200mUP)
    田園に浮かぶ島々の景色から日本海沿いを北上し、稲穂輝く里山を抜けて武家屋敷並ぶ角館へ

【Part III 角館〜青森】 2021/10/9(土) – 11(月) (総距離 290km)
集合:角館駅、解散:青森駅

  • Stage 7 角館駅 – 玉川温泉 (80km, 1,500mUP)
    日本一深く蒼い田沢湖畔から紅葉映えるȀム湖を経て、日本一の強酸性を誇る秘湯玉川温泉へ
  • Stage 8 玉川温泉 – 十和田市街 (120km, 1,400mUP)
    八幡平周辺の紅葉を楽しみ、十和田湖から奥入瀬渓流の絶景を経て、「アートの街」十和田へ
  • Stage 9 十和田市街 – 青森 (90km, 1500mUP)
    ブナの森を抜け八甲田山を越え、極上グラベル県道を降って陸奥湾を望む青森港へ Finish
    ※各ステージのルートプロファイルは変更となる可能性があります。

各ステージの行程詳細は右記 Web ページを参照ください。 https://ride-experience.com/3360

参加料金

Part I〜III のいずれか1ツアー(2 泊 3 日)申込料金 税込 115,500 円/人
Part I〜III の 3 ツアー全ての一括申込特別割引料金 税込 340,000 円/人

■参加料金に含むもの
1人1室利用の宿泊2泊、宿での夕食1回(Part II のみ宿での夕食2回)、宿での朝食2回、ガイド、サポートカー(ライド中の荷物搬送)、ライド中の飲料及び補給軽食、「Gravelking シリーズ」のタイヤ1セット、パナレーサー社が供給する交換用チューブ、保険、消費税 (※ご夫婦での参加等2人1室利用をご希望の場合はご相談ください。)
(Part I の希望者のみ:解散場所から集合場所(那須ガーデンアウトレット)までの自転車搬送サービス)

■ 参加料金に含まれない費用
集合場所まで及び解散場所からの交通費、ランチ代、Part Iの1日目夕食代、Part IIIの2日目夕食代、宿での夕食時の飲物代、個人的な飲食代等の支出、レンタルバイク代(別途)、前泊及び後泊の宿泊費

■ 参加資格
・1 日 100km 以上をロードバイクで走破した経験があること(e-bikeレンタルの場合を除く)
・走行中のヘルメット着用、道路交通法遵守、自転車保険加入
・年齢 18 歳以上(未成年者は保護者の同意必要)
・当社のツアー参加規約および感染防止対策に同意し、その徹底にご協力いただけること

■ 最少催行人数
各 Part につき 5人

■ レンタルバイク
A)Cannondale Synapse Carbon Disk 105(size 48, 52, 54, 56)
B)Trek Verve+ (e-クロスバイク) (size S )
レンタル料金:A)B)共に 税込 14,850 円(1 ツアー = 3 日間利用)

■ 申込方法 ライドエクスペリエンス Web サイトの当ツアー募集ページ(以下)より申込み
https://ride-experience.com/3360

■ 企画 一般社団法人那須町観光協会

■ 販売・運営 株式会社ライドエクスペリエンス

■ 協賛 パナレーサー株式会社

- Advertisement -

お知らせ

シクロライダーとZuttoRide Sharing株式会社は、共同で「法人、自治体向けE-Bike導入支援」を実施します。

注目の記事

自転車漫画関連