国土交通省が次期「自転車活用推進計画」の骨子についてアンケートを実施

国土交通省は1月29日、次期「自転車活用推進計画」の骨子についてアンケートを実施すると発表した。

2018年年6月に閣議決定された「自転車活用推進計画」は、計画期間が2020年度までとされており、現在、有識者等からの意見を踏まえながら次期計画の策定に向けて検討を進めている。今回、次期「自転車活用推進計画」の骨子を取りまとめて公表すると同時に、今後の計画策定に向け、広く国民の皆様からの意見を聞くために、WEBアンケートを実施する。

自転車活用推進計画の骨子では、自転車交通の役割拡大による良好な都市環境の形成、サイクルスポーツの振興等による活力ある健康長寿社会の実現、サイクルツーリズムの推進による観光立国の実現、自転車事故のない安全で安心な社会の実現の4つを目標とし、自転車通行空間の計画的な整備の促進、シェアサイクルの普及促進、自転車の情報通信技術の活用の促進、自転車通勤の促進、走行環境整備や受入環境整備等による世界に誇るサイクリング環境の創出、多様な自転車の開発・普及、交通安全意識の向上に資する広報啓発活動や指導・取締りの重点的な実施、損害賠償責任保険等への加入促進の施策を検討している。

WEBアンケートの回答は2021年2月7日まで。

関連リンク

関連記事

新着記事

spot_img