木曜日, 8月 13, 2020
ホーム ニュース ディスプレイとメンテナンスを両立する自転車用スタンド「丸八工機 iWA1」

ディスプレイとメンテナンスを両立する自転車用スタンド「丸八工機 iWA1」

丸八工機は7月16日、ディスプレイスタンドでありながらメンテナンススタンドとしても使用できる高機能スタンド「iWA1」を発表。8月1日に発売する。

「iWA1」とは、ディスプレイスタンドでありながらメンテナンススタンドとしても使用できる高機能スタンド。ウィークデイはディスプレイスタンドに、週末ライド後はメンテナンススタンドとして使うことができ、ディスプレイ、洗車、注油、調整、パーツ交換が可能だ。

 

特徴は以下の4つ。

  1. ワンアクションでバイクをしっかり保管できる。 設置方法はBBを載せるだけなのでスルーアクスルやディスクブレーキのバイクも使用できます。
  2. タイヤがどこにも接触しないので部屋を汚すことなく室内保管が出来る。
  3. 後輪が完全にフリーになり、クランクを回す事が出来るのでブレーキやメカ関係など、問題が起きやすい箇所のメンテナンスが簡単に出来る。
  4. 付属のベルクロを使う事でよりしっかりと固定でき、トルクを掛ける作業や洗車時も安心です。

 

使い方は、BBに載せるだけの簡単設置でバイクを確実に保持する。スルーアクスルやディスクレーキで組まれたバイクも使用可能だ。PEコート・ゴムパーツでバイクや床を傷つけず、滑りを防ぎ安定する。

前輪はフロントサポート上に乗せるので床に接触せず、部屋を汚すことなく室内保管が出来る。タイヤを挟み込むことでメンテナンス時もタイヤがふらつかず安定し、作業効率が上がるとのこと。

 

そして、後輪は完全に浮かすことが出来るのでトラブルの多いブレーキやディレイラーの調整、チェーンの状態チェック、ホイールやタイヤの傷を見るなどの簡易メンテナンス台に求められる殆どの作業を行う事が可能だ。

希望小売価格:9,900円(税別)
材質:スチール(バイク接触部PEコーティング)
表面処理:ニッケルクロームコート×マット塗装(黒)
対応車種:ロードバイク(シクロクロス、グラベルロード、ランドナー)
対応タイヤ幅:40mmまで
対応BB幅:51mm以上
耐荷重:20kg
販売方法:サイクルショップ、WEB等

関連リンク

特別特集【Sponserd】